+81-3-6435-8229

株式会社トランスアクトホールディングス

株式会社トランスアクトホールディングス

最新情報

2020-02-20 00:00:00
■役員運転手が知っておくべき心得!これであなたも今日から役員運転手!

運転手の仕事には役員運転手がありますが、どのような職業なのかわからない人もいるかもしれません。役員運転手とは、決まった企業の専属運転手として勤務し、社長や役員の送迎をするドライバーです。単に車の運転をしていればよいわけではなく、さまざまなマナーを身につけなければなりません。ここでは、役員運転手の仕事内容を解説するとともに、知っておくべきマナーについても紹介していきます。

 

 

1.役員運転手の仕事内容とは?

 

役員運転手は、企業の社長や役員を車で送迎するのが主な仕事です。企業のタイムスケジュールに合わせて働くのではなく、担当する社長や役員個人のタイムスケジュールで働くことになります。大まかな流れは、朝出勤して車の点検や整備をしたあと、担当する社長や役員の自宅前で待機します。社長や役員を乗せたら企業や得意先など、その日のスケジュールに合わせて送迎し、送迎先では基本的に待機していなければなりません。すべてのスケジュールが終わったら、自宅まで送ります。その後、車庫に戻り終業点検や日報を書き退社します。このほかにも、残業や雇用形態によっては、休日の送迎などもあります。

 

 

2.役員運転手が知っておくべきマナー

 

あらゆる人を乗せるタクシー運転手やバスの運転手とは違い、役員運転手は企業の社長や役員を専門的に乗せるドライバーです。運転技術はもちろん、マナーもより高いレベルを求められ、ドアの開け方や荷物の運び方にしても注意するべき点が多くあります。ここからは、役員運転手が知っておくべきマナーについて紹介していきます。

 

2-1.ドアの開け方

 

タクシーやバスの運転手が乗客を乗せる際は、運転席に座ったままドアを開ければ済みます。しかし、役員運転手はそうはいきません。社長や役員が車を乗り降りするたびに自らが車外へ出て、ドアを開け閉めするのが一般的です。また、その際には頭をぶつけないようにドアの縁に手を添えるのも大切です。さらには、電話をしながら乗り降りする場合もありますので、ドアを開けるタイミングが重要となります。乗せている社長や役員にストレスを感じさせることのないよう、常に神経を張り詰めて気を配る必要があります。

 

2-2.荷物の運び方

 

役員運転手は、社長や役員の仕事内容によっては大きな荷物を持って移動しなければならない場合があり、こうした荷物にも配慮が必要です。たとえば、荷物の大きさや重さなどを前日の準備段階で確認します。荷物がある場合には、社長や役員を乗せる前に車内に積んでおくなどして、乗り降りをスムーズにする気配りが大切です。また、車内に忘れた財布や携帯電話、時には菓子折りなどを商談中に届けなければならないケースもでてきます。こうしたときには、細心の注意を払って業務の邪魔にならないように届ける必要があります。

 

2-3.雨の日の対応

 

雨の日には特に気をつけなければならないのが役員運転手です。雨の日の運転は見通しも悪いため、いつも以上に注意を払って運転しなければなりません。また、乗り降りの際に社長や役員を雨に濡らさないための配慮も大切です。ドアを開ける際には、足元に水たまりがないかをよく確認する必要があります。さらに、傘を広げるときの水しぶきが飛ばないようにするなど、細かいところまで気を使わなければなりません。

 

2-4.社外の方の対応

 

役員運転手の仕事は、乗せる社長や役員のことだけを考えていればよいと思われがちです。しかし、取引先などの社外の方への気配りも重要と言えます。たとえば、社長や役員とともに、取引先や来賓の方も同じ車に乗せることもあるでしょう。こうした場合に、企業の運転手として適切な行動をしなければなりません。時には、自社の社長などよりも社外の方を優先させなければならないケースもあるでしょう。こうしたことから、社外の方への対応について、事前に社長や役員との打ち合わせも必要になります。自社を代表する運転手としての自覚を持つのも、役員運転手として大切です。

 

 

役員運転手のマナーを理解して業務に努めよう

 

役員運転手の仕事内容やマナーについて解説・紹介してきましたが、いがかでしたでしょうか。役員運転手のマナーを知ることで、ほかの職種との違いがわかり、自分自身が普段おこなっている行動やマナーについても見つめ直すきっかけになります。役員運転手のマナーを身につけて、普段からさまざまな気遣いを心がけてみましょう。

 

 

 

 

 

社長・経営者に関する「トランスアクトグループ」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「一般財団法人トランスアクト財団」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「株式会社トランスアクトホールディングス」の記事も読まれています

役員運転手・社長秘書に関する「株式会社トランスアクト」の記事も読まれています

役員運転手・運転手・ドライバーに関する「DRIVE4ME」の記事も読まれています

社長秘書・秘書・セクレタリーに関する「SECRETARY4ME」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「合同会社トランスアクト」の記事も読まれています

 


2020-02-15 00:00:00

お客様向け・応募者様向けウェブサイトをリニューアルしました。応募者様向けサイトではLINEでのご連絡も可能ですので、皆様からのお問い合わせ、ご応募を心よりお待ちしております。

 

 

 

170615062020-5941a8947b4cb.png

 

お客様向け運転手派遣サイト

 

 

 

180120061718-5a62605e007c6.jpg

 

お客様向け秘書派遣サイト

 

 

 

180215073052-5a84b89cb8cf2.jpg

 

応募者様向け運転手求人サイト

 

 

 

180215073051-5a84b89be7e41.jpg

 

応募者様向け秘書求人サイト


2020-02-10 00:00:00
■有名社長たちの愛車は?社長が高級車を選ぶときに何を意識するべきか

社長として車を購入することを考えている人も多いかもしれません。しかし、世の中にあふれる車を見渡していると、一体どれを購入したらいいのか、わからなくなってしまう場合もあるでしょう。そんな時は、有名な社長が乗っている車を参考にするのがおすすめです。世界的に有名な社長なら、乗っている車もさぞかし立派なものなのだろうと考えるかもしれませんが、実際はどうなのか、見ていきましょう。

 

 

1.【社長の高級車】スバル+B33

 

社長の高級車として最初に紹介するのは、スバルの名車「レガシイ・アウドバック」です。スバルと聞くと、結構手堅い印象を持つ人もいるかもしれませんが、この車に乗っているのは有名な投資家であるウォーレン・バフェット氏なのです。

 

ウォーレン・バフェット氏は、持株会社バンクサーハサウェイのCEOであり、世界長者番付の常連として有名です。億万長者であるにも関わらず、贅沢な暮らしはせず質素な郊外の家に住み、収入のほとんどを慈善事業に寄付していることでも知られています。そんなバフェット氏ですから、スバルを愛車に選ぶのも自然なことかもしれません。

 

 

2.【社長の高級車】ベンツSL55 AMG

 

ベンツと言えば、高級車の代名詞ともいえるブランドです。中でもAMGシリーズは、高性能なエンジンを搭載したハイパフォーマンスカーとして世界中にファンがいます。

 

今回紹介するSL55 AMGに乗っていたのは、アップルの共同設立者の一人にして今は亡きスティーブ・ジョブズ氏です。ジョブズ氏は生前、数々の伝説を残したカリスマでもありますが、乗っていた車に関しても興味深い逸話があります。それは「ナンバープレートを付けていなかった」ということです。ナンバープレートを付けないことは明らかな違法行為ですが、なぜこのようなことをしたのでしょうか。

 

実はアップル本社があるカリフォルニア州では、車を購入してから半年間はナンバープレートを付けなくてもいいことになっているのです。ここに目を付けたジョブズ氏は、半年ごとに同じ車を購入しては売却していました。シンプルにこだわるジョブズ氏ですから、ナンバープレートもつけずにシンプルにしたかったのかもしれません。

 

 

3.【社長の高級車】フェラーリ

 

フェラーリと言えばだれもが憧れるスーパーカーであり、多くの芸能人も所有していることで有名ですが、社長も例外ではありません。KRH株式会社社長の青山光司氏は、大の車好きとして有名であり、中でもフェラーリがお気に入りであることから、フェラーリ王子と呼ばれています。青山氏が経営するKRHは足場事業を中心に展開している会社で年商は100憶とも言われており、その剛腕でも有名です。

 

 

4.【社長の高級車】レクサス

 

レクサスは、トヨタ自動車の高級車ラインで、品質の良さで定評があります。たくさんの有名人、社長が乗っている車でもありますが、中でも注目はアラン・ムラーリー氏です。

 

アラン・ムラーリー氏は、フォードのCEOを務めたこともある人物として知られ、その手腕からマイクロソフト次期CEO候補と言われたこともあります。フォードと言えば、アメリカを代表する自動車企業であり、トヨタとはライバル関係ともいえるのですが、愛車はレクサスだったとのことです。これはレクサスが、ライバル企業の社長さえもうならせる完成度を誇っている証かもしれません。

 

 

5.社長が車を選ぶときは何を意識すべきか

 

ここまで社長の愛車を紹介してきましたが、実際に選ぶ際は、どのようなことに気を付ければ良いでしょうか。社長の車と言えば、お客様を乗せることもあるので、乗り心地にはこだわりたいところです。スポーツカーのように走りを楽しむ車ではなく、静かで、落ち着いて会話ができる車を選ぶことが大切です。特に有名な車である必要はなく、豪華である必要もありません。会社が好印象を持たれるようなものを選ぶのが良いでしょう。

 

クールなスーパーカーでお出迎えされている社長はカッコよく見えますが、目上の社長にはあまり良く思われない場合もあるので、仕事用には適しません。スーパーカーはあくまでもプライベート用にしましょう。節税目的ならば、中古車がおすすめです。特に4年落ちならば減価償却を計上する際も有利で、性能も十分です。

 

6.高級車にふさわしく「運転手」を雇うのもあり

 

社長を乗せる高級車ならば、運転手を付けるのもおすすめです。運転手の丁寧な走りで車に付く傷を減らせますし、社長としての貫禄が出るのでイメージアップにもつながります。運転手は派遣で雇うこともできるので試してみましょう。

 

 

社長にふさわしい高級車で信頼感アップ

 

社長は会社の顔としてたくさんの関係者と関わっていきます。そんな時に落ち着いた高級車に乗って移動していれば印象も良いですし、信頼関係もスムーズに築けるでしょう。特に乗りたい車もなく、選ぶのに迷ってしまうなら、まずお客様から見てどう映るのか、乗っていて居心地は良いかなどを第一に考え、こだわりを持って選べば間違いは少ないはずです。

 

 

 

 

 

社長・経営者に関する「トランスアクトグループ」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「一般財団法人トランスアクト財団」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「株式会社トランスアクトホールディングス」の記事も読まれています

役員運転手・社長秘書に関する「株式会社トランスアクト」の記事も読まれています

役員運転手・運転手・ドライバーに関する「DRIVE4ME」の記事も読まれています

社長秘書・秘書・セクレタリーに関する「SECRETARY4ME」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「合同会社トランスアクト」の記事も読まれています

 

 


2020-02-05 00:00:00

代表の橘が日本経済新聞社「ASIAN REVIEW」に掲載されました。

 

 

 

180509081940-5af2308c722bc.jpg

 

NIKKEI ASIAN REVIEW

 

 

 

180201144021-5a72a845f0afa.jpg

 

株式会社トランスアクト 代表取締役社長 橘 秀樹

 

 

 

日経ならではの視点で「真のアジア」を提供。

 

日本経済新聞社が2013年に創刊したアジアの”今”を世界に発信する英文ニュースメディアです。

 

英国フィナンシャル・タイムズを買収し、より上質なグローバル情報の発信に向けて注力する日本経済新聞社。2013年にアジアを代表する情報発信源として「NIKKEI ASIAN REVIEW」を創刊し、成長著しいアジア経済圏の実像を世界に届けています。アジアの未来を担う世界中のリーダーたちやアジアについて詳しく知りたいという方々のために、バイアスのない「真のアジア」を提供。パソコンやスマートフォン、モバイル・タブレット端末アプリ(iOSとアンドロイドに対応)でご購読いただけるほか、週刊でプリント版も発行しているマルチデバイスメディアです。


2020-02-01 00:00:00
S2.png

秘書はドラマなどでもよく登場し、知名度の高い職業です。知的なイメージで、憧れをもっている人も多いことでしょう。ただ、その一方で、具体的な業務内容についてはどの程度まで知られているのでしょうか。そこで今回は、秘書の具体的な仕事内容をどの程度知っているのかについて、アンケート調査を全国の男女を対象に行ってみました。

 

【質問】

秘書の具体的な仕事内容を知っていますか?

【回答数】

はい:38

いいえ:62

 

秘書の仕事内容はドラマのイメージ先行?

 

秘書の具体的な仕事内容に関するアンケートを取った結果、どんな仕事をしているのか知らないという回答のほうが多くなりました。

・実際に秘書として働いている人を知らないので、役員のスケジュール管理や事務処理といった漠然としたことしか思いつかない。(40代/女性/正社員)

・テレビなどで見るような業務(スケジュール管理など)のイメージだけしかないです。(30代/女性/正社員)

・秘書になった事がなく、実際の業務内容を知らない。ドラマなどで、社長の横に立って「〇〇さんです」など耳打ちするような存在というイメージ。(30代/女性/専業主婦(主夫))

 

テレビドラマなどで見たことはあるので漠然としたイメージはあるけど、具体的にどのような業務を行っているのかは分からないという回答が多いです。具体的な業務をイメージできない理由としては、自分自身が秘書の仕事を経験したことがないということが挙げられます。また、知り合いや友人など身近な人で秘書の人がいないということも影響しているようです。

 

秘書の仕事内容が分かる人は共通した特徴がある?

 

一方で、秘書の具体的な仕事内容を知っているという人は約4割いました。

・会社の中で、秘書の人が行っている仕事をなんとなく見ているので。(20代/女性/パート・アルバイト)

・約1年、部長秘書の経験があるためおおよその業務内容は把握している。(40代/女性/派遣社員)

・学生時代、秘書検定を受検するために問題集をといたことがあるから。(40代/女性/正社員)

・親族や知人に秘書を雇う者がおり、話を聞くことがあるため。(30代/男性/個人事業主)

 

秘書の具体的な業務内容が分かる人は、同じ会社の社員や知り合いに秘書の人がいるパターンが多いようです。そのため、直接話を聞いたり、近くで仕事をしていたりするのを見て知っているのでしょう。これはつまり、周りの環境などの影響で何らかの接点があったり、深く興味を持つきっかけがあったりすると具体的な業務内容まで知る可能性が高いと言えます。

 

秘書の仕事を具体的に知っている人は少ない

 

秘書の具体的な仕事内容に関しては、何となくは分かるけど、詳しい部分は分からないという人が多くいました。テレビなどの影響で知名度は高い職業であるものの、具体的な業務内容になると身近に秘書の仕事をしている人がいるか、自分自身で経験がないと理解するのは難しいのかもしれません。そのため、イメージだけが先行している職業ということもできます。どんな職業も経験しないと分からないことは多くありますが、秘書もそんな仕事のひとつと言えるでしょう。

 

■調査地域:全国

■調査対象:年齢不問・男女

■調査期間:直近の1ヶ月間

■有効回答数:100サンプル

 

秘書の具体的な仕事内容を知っていますか?

 

【はい】

・スケジュールの管理、来客・電話・メールなどの対応、文書の作成、その他の雑務などが主だと思う(30代/男性/個人事業主)

・秘書は主に会社の方針で異なりますが、主に秘書は会社の状況{代表のスケジュルの管理他諸々沢山秘書にはやる事が沢山です。}(30代/男性/パート・アルバイト)

・学生時代、秘書検定を受検するために問題集をといたことがあるから。(40代/女性/正社員)

・実際にある企業の社長秘書とお会いしてお話を伺ったことがあるからです(40代/男性/個人事業主)

・スムーズに仕事ができるように、スケジュール管理など細かな部分をサポートする仕事。(40代/女性/無職)

・社長や役員のスケジュール管理や電話・メール対応、文書作成、手土産の準備などがあります。(50代/女性/専業主婦(主夫))

・社長のスケジュールから仕事の手配まで行い、社長より忙しいイメージです。(30代/女性/正社員)

・映画やドラマでしか見ていないので正確にはわからないかもしれません。(50代/女性/派遣社員)

・以前、秘書検定を受けたことがあったことと、実際に知り合いに秘書をしている方がいるので。(40代/女性/正社員)

・主にスケジュール管理だと思ってるが、それ以外と言われるとなかなか思い浮かばない。お客様応対やお茶だしとか雑務全般かなと思う。(40代/女性/個人事業主)

・会社の社長や、役員ともなると1日のうち、複数の案件をこなさなければならないので、細やかなスケジュール管理が必要になる。訪問先や接待先の相手に嫌な思いをさせない為、手土産の手配や食事会の会場のセッティングから、出張の際は乗り物の予約や宿泊先の選定など社長や役員が仕事に集中出来るよう手助けする仕事です。(50代/男性/個人事業主)

・秘書検定の本を見たことがあるから、ドラマや友人の話を聞いて。(30代/女性/正社員)

・インターネットからの情報や知人の体験談、職業紹介の本などで見聞きしました。(20代/女性/専業主婦(主夫))

・秘書検定で調べたことがあるので、大体の仕事内容が分かります。(40代/女性/個人事業主)

・親族や知人に秘書を雇う者がおり、話をときおり聞くことがあるため。(30代/男性/個人事業主)

・社長など上司のスケジュール管理や調整、電話対応、来客時のお茶出しを含めた接客対応や約束の取りつけ、書類の整理などの雑務、お礼状の作成などのビジネス文書作成のような、上司を事務面でサポートする仕事だと思っています。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・スケジュール管理、来訪者応対(お茶出しなど)、電話受付、書類作成など(40代/女性/専業主婦(主夫))

・自分自身が長年企業の役員秘書としての経験があるから。議員秘書などの特殊な業務に関して以外なら知っている。(40代/女性/正社員)

・スケジュール管理や事務作業など、細々としたことが多いものです。(40代/女性/個人事業主)

・社長のスケジュール管理、諸々の書類の処理、社長のお客様の接待などをするのだと思います。(40代/男性/無職)

・秘書は今後のスケジュール管理や、社長や取引相手との予定管理などといった細かい作業をします。(20代/男性/学生)

・以前に社長秘書をやっていた友人がいたので、ある程度の仕事内容については聞いたことがあります。(40代/男性/正社員)

・役員のスケジュール管理や事務作業の代行を担当する人が身近にいるので。(40代/男性/正社員)

・主に役職者のスケジュール管理、庶務的な業務を行い、役職がスムーズに業務に臨めるよう環境設定を行う。(50代/男性/個人事業主)

・社長のスケジュール管理やアポイントメントの調整などをおこなう。(20代/男性/正社員)

・実際自分が官公庁で勤務しているから。市長部局の秘書係として配属されていたから。(30代/女性/公務員)

・会社の中で、秘書の人が行っている仕事をなんとなく見ているので。(20代/女性/パート・アルバイト)

・以前総務課で働いていたので、秘書担当者の仕事を近くで見ていました。上司のスケジュール管理や訪問客の対応のほか、会議資料まで多岐にわたり対応されていました。(40代/女性/派遣社員)

・約1年、部長秘書の経験があるためおおよその業務内容は把握している(40代/女性/派遣社員)

・スケジュール管理や手土産の手配、挨拶状を送ることなどだと思うからです。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・自身の父がの最終的な役職が副社長であったため、現役時代秘書の話などをよく聞いていたため。(40代/男性/正社員)

・一般的には「ボスのマネージャー役」のようなイメージがありますが、機密性の高い重要書類の管理を任されるため、強いセキュリティー意識が求められる特別職です。

・表舞台に出ることなく、裏方としてのサポートに徹する特殊性の高い職種と言えるでしょう。(40代/男性/正社員)

・以前、結婚前に秘書の仕事をしており、他社のお客さまや社内のミーティングのアポイントやスケジュールの管理、翻訳などを行っていたから。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・あくまでも、イメージなのですがスケジュールの管理や来客対応やお茶汲みなどかなと思います。(30代/女性/無職)

・社長の予定管理や、メールチェック、来客の受付などが主ではないでしょうか。さらに社長がらみの文書作成や雑務なども入ってくると思います。(50代/女性/専業主婦(主夫))

・ボスの仕事を全面的にフォローします。最終的な判断はボスですが、判断材料を集めたり、まとめたりするのは秘書です。(50代/女性/個人事業主)

・学校で秘書の授業があったので、現役の秘書の方からお話を聞いたことがあるからです。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・スケジュールの把握、管理、先方へのアポイント、いろいろな雑用(40代/女性/正社員)

 

【いいえ】

・オクト   特に秘書の具体的な仕事は知らないです。  自分のかかわった仕事業務では秘書が必要ではないと思います。(40代/女性/無職)

・実際に秘書として働いている人を知らないので、役員のスケジュール管理や事務処理といった漠然としたことしか思いつかない(40代/女性/正社員)

・秘書と言うもの自体を映画やドラマ、漫画の世界でしか見たことがないからです。(30代/女性/正社員)

・なんとなくスケジュール管理や調整がメインのような気がしますが、あとはわかりません。(30代/女性/正社員)

・電話に対応したり、スケジュール管理や先方への対応くらいしか、イメージがありません。(20代/女性/個人事業主)

・秘書になった事がなく、実際の業務内容を知らない。ドラマなどで、社長の横に立って「〇〇さんです」など耳打ちするような存在というイメージ。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・今までの職歴の中で秘書の仕事をした経験がなかったので、そう判断しました。(40代/男性/正社員)

・具体的ではなく、なんとなくの想像やイメージでしか仕事内容を知らないから。(30代/女性/無職)

・秘書を雇ったことがないですので、秘書の仕事はどんなものか分かりかねます。(70代/男性/無職)

・興味がなくどんな仕事をしているのか考えたことがないし、知り合いや友達にも秘書はいないので仕事内容についてはよくわからないです。(40代/女性/個人事業主)

・漫画やドラマでしか見たことがなくて、実生活で秘書を見たことがないから(20代/女性/学生)

・名称の意味がわかりにくく、実際に目に見える形で成果が出ない仕事であるため。(40代/男性/正社員)

・サポート業務としかわかりません。また会社によって仕事内容が違う気がします。具体的にはよくわかりません。(30代/女性/派遣社員)

・実際よくわかりませんが、とても重要である仕事であると思っています。(20代/女性/学生)

・ぼんやりとした内容なら想像がつきますが、具体的にどんなのかは謎です。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・秘書をしたこともなければ、秘書がいる職場で働いた経験もない。テレビのドラマなどで見る秘書のイメージが先行しているだけであるから。(40代/女性/パート・アルバイト)

・秘書のイメージは社長の仕事の中のスケジュールや手配などをする右腕的存在?あまり理解はしてない。(20代/女性/無職)

・これまで勤めていた会社に、そのような役割の人はいたものの

・正式に秘書という肩書の人がいなかったため。(20代/女性/パート・アルバイト)

・秘書についてあまり知る機会がなく、具体的なことまではわからない部分が多いです。(10代/女性/学生)

・詳しくはわからないので選びましたが、スケジュール管理、来客の応対、メールや電話の対応などだと思います。(40代/女性/無職)

・一般的な知識としてはスケジュール管理や書類管理・作成など個々の補佐的な仕事だと認識していますが、今までの職場に秘書はいなかったので具体的には分かりません。(40代/女性/個人事業主)

・秘書を雇った経験がないからです。しかし、ドラマなんかを見ていると何となくですが秘書の仕事が分かったようになります。(50代/男性/パート・アルバイト)

・スケジュールを把握したり、アポイントメントを取ったりするお仕事だと思いますが、はっきりとした秘書の具体的な仕事内容を知らないのでいいえを選択しました。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・スケジュール管理ぐらいしかわかりません。なんとなく理不尽な要求にも応じなければならない仕事というイメージがあります。(40代/女性/正社員)

・自分が勤務している会社には、社長や役員に秘書がいないからです。(40代/男性/正社員)

・ドラマや映画などでしか秘書はの仕事を見たことがなく、スケジュール管理をしていることくらいしか分からないためです。(20代/女性/学生)

・役員の予定調整、来客者への対応等は予想できる業務内容ですが、具体的な内容と質問されると、回答に自信が無い為。(50代/男性/正社員)

・秘書検定などはありますが、内容を詳しく知らないです。ドラマなどで出てくるような秘書のイメージを持っていますが、いまいち具体的に何をしているのかよくわからないです。(20代/女性/正社員)

・テレビドラマで見たことがある程度なので、実際、どんなことをしているのかはわかっていない(30代/女性/無職)

・社長や役員の業務をサポートするということは何となく知っているが、具体的な仕事内容と聞かれるとピンとこない。(20代/女性/専業主婦(主夫))

・具体的な仕事内容を知らないから、答えようがない。あとあまり興味もないからです。(20代/男性/正社員)

・秘書の仕事がどういうものか、全くわかりません。賢いひとでないと務まらないのだろうと思いますが・・。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・具体的な内容は知らないが、その企業の責任者などのスケジュール管理を行ったり、仕事の補助をする職業だと思っている。(10代/男性/学生)

・実際に秘書として働いている人に会ったことがなく、ドラマなどでスケジュール管理などをしているイメージだが、実際の仕事内容はよくわからない。(20代/男性/正社員)

・会社勤めをしたことがなく、秘書の知り合いもいないのでドラマに出てくる秘書ぐらいしか想像できない(40代/男性/個人事業主)

・ドラマなどで架空の秘書は見たことはあるが、実際の秘書が具体的にどんな仕事をしているのかは分からない。(20代/女性/無職)

・仕事に就くと、心身ともに大きなエネルギーを費やすことがわかる結果となりました。(40代/男性/正社員)

・漠然とは把握しているつもりだが、個別具体的にどのような仕事をしているのかは、はっきりとわかっていない。(40代/男性/個人事業主)

・やった事も触ったことも無いので実際の詳しい所までは分からない(40代/男性/無職)

・テレビドラマ等でやっているような社長のスケジュール管理や調整、取引とのアポイント取り、来客対応くらいしかわかりません。(30代/男性/個人事業主)

・今まで事務系のしごとをしたことがないから、くわしいことがわかりません。(50代/女性/パート・アルバイト)

・スケジュール管理等のイメージはつくが、その他は会社によって違うと思うから。(30代/女性/正社員)

・あまりわかりませんが、日程の調整は仕事の一つかなと思いました。(20代/男性/個人事業主)

・私の思うところスケジュール管理・調整発言などの管理・補足など(40代/女性/専業主婦(主夫))

・社長や役員などのスケジュール調整や、それぞれの行動に同行する等の仕事内容しかわかりません。(20代/女性/派遣社員)

・想像上ではマネージャーの様にスケジュール管理や特殊な事務処理をされるのかと思いますが、何分知っていませんので。(30代/男性/正社員)

・中小企業には部署として配置されない会社が多く、謎に包まれている部分が多いと思う。(30代/男性/パート・アルバイト)

・今まで秘書の仕事に接することがないため、スケジュール調整くらいしかわからない。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・具体的な内容までは、知りません。テレビを観て知っている部分は社長などのスケジュール調整、先方との連絡調整です。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・秘書と接したことがないし身近な存在ではないからその仕事をしらない(20代/女性/学生)

・具体的にどのような業務内容があるのかを知らないです。業界によって異なるのかなとは思います。(20代/女性/パート・アルバイト)

・今まで秘書を雇ったことがなく、また必要とする機会がなかったから。(40代/男性/専業主婦(主夫))

・私は秘書になった経験が無く、秘書の知識も持ち合わせていないため。(30代/男性/正社員)

・秘書をやとったこともないし、身近に秘書をしているという人もいないから。(40代/女性/個人事業主)

・知っている範囲で言えば、スケジュール管理や雑務程度。具体的に何をするというのはわからない。(30代/男性/個人事業主)

・社長や役員などのスケジュール管理を実行しているというレベルなら知っていますが、それ以上の詳しい秘書の役割や具体的な仕事内容は、あまり知りません。(40代/女性/無職)

・具体的な仕事内容は分かりません。社長さんのスケジュール管理など(20代/女性/パート・アルバイト)

・テレビなどで見るような業務(スケジュール管理など)のイメージしかないです。(30代/女性/正社員)

・芸能人のマネージャーのような仕事のイメージですが、実際にどのような仕事をしているのかよく分からないので(20代/女性/正社員)

・重役のスケジュール管理や仕事のサポートといったざっくりとしたイメージしか浮かばないので、具体的内容は知りません。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・秘書を勤める上司のスケジュール管理や他の上司や他社の人に諸々の取次をする仕事だというイメージ(20代/女性/学生)

・スケジュール管理以外の仕事をあまり詳しくわからないからです。(40代/女性/正社員)

 

 

 

 

 

社長・経営者に関する「トランスアクトグループ」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「一般財団法人トランスアクト財団」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「株式会社トランスアクトホールディングス」の記事も読まれています

役員運転手・社長秘書に関する「株式会社トランスアクト」の記事も読まれています

役員運転手・運転手・ドライバーに関する「DRIVE4ME」の記事も読まれています

社長秘書・秘書・セクレタリーに関する「SECRETARY4ME」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「合同会社トランスアクト」の記事も読まれています

 

 


1