+81-3-6435-8229

株式会社トランスアクトホールディングス

株式会社トランスアクトホールディングス

最新情報

2019-05-10 00:00:00
■経営者はスケジュールを見直そう!仕事効率が上がる時間の作り方

経営者にとって時間は何より貴重なものです。多忙な毎日を切り抜けるためには、仕事効率を上げて業務にあたるのが何よりでしょう。有限の時間をいかに有効に使うか、そのためには、自分自身のスケジュールを見直して時間を効率的に使えるかどうかが鍵を握ります。そこで今回は、スケジュールを洗い出すことによって、仕事効率を上げる時間の作り方について紹介します。

 

 

1.スケジュールを洗い出してみる

 

自分が今どのような仕事を行っているのか、それを把握することは、今の自分だけではなく、将来の自分や企業の未来をも左右することです。そのため、会社の未来のためにも、今の自分がどういうスケジュールで行動しているのか把握することは重要です。自分の今のスケジュールがしっかり把握できれば、限られた時間を有効に使って、仕事を適材適所回すこともできるようになります。

 

常に忙しく立ち回らなければならない経営者は、自由に行動できる時間も限られているものです。その時間を有効に活用するためには、経営者として増やしていくべき仕事を増やし、減らしていくべき仕事を減らしていくことです。経営者は第一に会社のことを考えなければなりません。そのため、経営者が増やしていくべき仕事は、会社を伸ばして成長させるための仕事です。一方、日常の雑務や事務は、経営者自身がわざわざやらなければいけない仕事ではありません。そのような仕事は、自分以外の人間でもできるため、他に回したほうが良いのです。

 

このように、自分がやるべき仕事、人に任せるべき仕事を把握するためには、まずスケジュールを洗い出して、自分自身の行動把握をすることが重要です。そのためにも、日々の業務の行動記録を付けてみましょう。自分が何時にどのような仕事をしたのか、その都度記録していけば、自分が今行っている仕事の何が必要で、何が必要ではないかということがわかってきます。

 

 

2.仕事を2パターンに振り分ける

 

行動記録をしっかり取っていれば、そこから自分の仕事を分類することができるようになります。たとえば、「マーケティング」「新規事業関連」「社内体制の仕組み作り」など、仕事を大まかに分類すれば、どの分類にどれだけの時間をかけたのか計算することも可能です。そのように仕事を分類していくと、自分の仕事を2パターンに振り分けられることがわかってきます。すなわち、経営者が中心でなければできない仕事と、経営者でなくてもできる仕事です。

 

2-1.1.自分しかできない仕事

 

会社を良くするための仕事や、会社を成長させるための仕事は、経営者が中心でなければできない仕事です。たとえば、経営方針の決定や資金調達、新規ビジネスの決定といった仕事は、会社の運営を左右する仕事であるため、経営者にしかできない仕事であるといえます。自分の行動記録を取ってみて、もしそうした経営方針の決定や新規事業関連の仕事に費やす時間が短ければ、他のことに時間を取られていて経営者自身が重要な仕事に就けなくなっているのかもしれません。経営者として、自分にしかできない仕事の時間を増やすことが、会社の未来にもつながっていきます。

 

2-2.2.自分以外でもできる仕事

 

財務や会計、メールチェック、社内の申請処理といった仕事は、何も経営者自身でなくてもできる仕事です。そのような仕事は、できる限り社員にお願いしたほうが時間を効率的に使えるようになります。打ち合わせの日程調整や、見込み客への営業活動なども、経営者以外でもできる仕事に分類できます。営業活動は一見すると経営者にしかできない仕事のようにも見えますが、営業は営業部門の従業員に任せたほうが効率的です。経営者自身は実際に営業をかけるのではなく、集客を効率化するような仕組み作りをするべきでしょう。行動記録では、このように何が自分にしかできない仕事で、何が自分以外でもできる仕事なのか、見極めることも大切です。

 

 

3.経営者以外でもできる仕事は任せて時間を作る

 

自分自身の業務をしっかり整理すれば、自分しかできない仕事と自分以外に任せられる仕事を適材適所振り分けることができるようになります。そうすれば、会社を良くする仕事や会社を成長させる仕事により多くの時間を割けるようになるでしょう。また、限られた時間を有効活用するために、お金で買える時間はどんどん活用するということも重要です。たとえば、役員運転手派遣を取り入れれば、移動時間を最短化できると同時に、通勤時間も仕事にあてられるようになります。このように、経営者には時間を自ら作るということも必要です。人に任せられる仕事は、お金をかけても人に任せるほうが、結果として会社の大きな利益にもつながるのです。

 

 

できる経営者は朝の時間を充実させている

 

経営者には全体として朝型の割合が非常に多いといわれています。実際、年収1000万円以上の経営者や社員の実に7割が「自分は朝型」だと回答しているデータもあります。年収が高い人は時間の使い方もうまく、朝早くから行動すれば、社員や部下に出すべき指示をいち早く出すことも可能です。時間を上手に使うには、お金で時間を買うことも重要。運転手派遣の活用など、出し惜しみせず時間を買うことが会社の円滑な運営につながります。

 

 

 

 

 

社長・経営者に関する「トランスアクトグループ」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「一般財団法人トランスアクト財団」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「株式会社トランスアクトホールディングス」の記事も読まれています

役員運転手・社長秘書に関する「株式会社トランスアクト」の記事も読まれています

役員運転手・運転手・ドライバーに関する「DRIVE4ME」の記事も読まれています

社長秘書・秘書・セクレタリーに関する「SECRETARY4ME」の記事も読まれています