+81-3-6435-8229

トランスアクトホールディングス

トランスアクトホールディングス

最新情報

2019-04-15 00:00:00
17_17_1_34768204.jpg

秘書の業務は、企業の役員や弁護士、医師などのサポート対象を支える、裏方的な仕事が多いです。しかし、秘書の業務は幅広く、常に裏方に回るだけではありません。来客の対応など人と接する機会も多くあります。秘書の仕事に興味はあるものの、自分が向いているのか分からないという人もいるでしょう。そこで、秘書に向いている人と向いていない人の特徴や、業務内容などを紹介します。

 

 

■秘書に向いている人は柔軟性がある

秘書の仕事はスケジュールの管理や来客応対、電話やメールの対応、職場環境の整備など多岐に渡ります。まず、スケジューリングは時間に正確で几帳面な人でなければこなせないでしょう。サポートする対象が出張に行く場合は、航空券やホテル、レストランなどの手配を行う必要があります。さらに、スムーズに仕事を進められるよう、書類の整理整頓や空調調節、お茶出しなども適切なタイミングで行わなければいけません。そのため、情報を集めて正しく分析する能力や、相手が何を欲しているのか考えながら行動できる能力も求められます。

 

また、秘書が対応するのはサポート対象者だけはありません。電話やメールで伝言を承ったり、来客の対応をしたりするのも業務の一環です。取引先や来客に失礼がないよう場の空気を読みつつ、臨機応変な対応ができなければ、秘書業務に携わるのは難しいでしょう。場合によっては複数の業務を同時に進行しなければならない場合もあります。なお、秘書の業務内容は議員秘書や弁護士秘書、医療秘書など種類によって異なり、求められる役割も違うため、注意が必要です。しかし、どのような種類の秘書でも、サポートする対象が業務に集中できるよう必要な対応ができる人は、秘書に向いている人といえます。

 

 

■自分本位な人は秘書に向いていない

秘書に向いていない人は、簡単にいえば秘書に向いている人とは真逆の性質を持つ人です。ずぼらな人や時間にルーズな人は、スケジューリングなどの基本的な業務を全うするのも難しいでしょう。サポートする対象には細かい人や気難しい人もいれば、大雑把な人もいます。秘書はサポート対象者の特徴や性格を捉えたうえで、柔軟に対応していかなければいけません。リサーチスキルが乏しい人は、サポート対象者が何を欲しているのかを察することもできないでしょう。気が回らない人や配慮が足りない人も、秘書には向いていません。

 

また、几帳面なことは重要な資質ですが、融通が利かなすぎると、秘書に求められる役割を果たすのは難しくなってしまうでしょう。ただし、気配りができて、空気を読む能力に長けていれば、秘書として働けるとは限りません。マルチタスクスキルが欠けている人は、たとえ察しがよくても秘書の仕事を続けるのは難しくなってしまいます。秘書は基本的に、サポート対象者を支える裏方のポジションです。自分が主役になりたい人は、秘書以外の仕事に目を向けた方が無難でしょう。

 

 

■究極の裏方を目指せる人が適任

秘書の仕事は、サポートする対象が仕事に没頭できるよう、全力で支えることです。サポート対象者が全力を出し尽くせるよう、秘書も自らの能力を存分に発揮して支えなければいけません。秘書の仕事のゴールは、自らの能力や実力が評価されることではなく、サポート対象者が成果を上げることです。たとえ自分の手柄だったとしても、自身が成果を上げることを求めてはいけません。そのため、秘書は脇役ではなく、黒子として裏方に徹することが重要といえます。

 

しかし、表立って活躍できないからといって、やりがいがないというわけではありません。秘書の仕事につけば、一般的な事務職ではなかなか味わえない、貴重な体験ができます。会社の役員などの有力者から刺激を受けたり、会社の機密事項に接したりといった体験は、やりがいを生むだけではなく、今後キャリアを積む上でも大きな財産となるでしょう。秘書の仕事に興味がある人や、自分に秘書の適性があると感じている人は、まずは秘書技能検定やビジネス実務マナー検定、実用マナー検定などの勉強から始めてみるのもよいでしょう。


2019-04-01 00:00:00

平素より皆様方には大変お世話になっております。

 

弊社では関係各社・各位の皆様方の多大なるご支援・ご協力のもと、新事業年度を迎えることとなりました。

 

皆様方には大変お世話になり、心より感謝御礼申し上げます。

 

本年度も、更なるサービス・お客様満足の向上に努めて参りますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。


2019-03-01 00:00:00
6_6_1_40655040.jpg

役員運転手として仕事をこなしていくには、さまざまなことが必要となります。ただ車の運転ができるというだけでは役員運転手は務まらず、気をつけなければならないことがいくつもあるのです。とはいえ、特別難しいスキルが必要というわけでもありません。この記事では、役員運転手を始める前に知っておきたいビジネスマナーと守秘義務について解説していきます。

 

 

■最低限必要なビジネスマナー

役員運転手に限った話ではありませんが、社会人にとってビジネスマナーは必要となものだといえるでしょう。ビジネスマナーとは、仕事をする上での基本的な作法のことです。そのため、目上の人や得意先とのやり取りをするには、ビジネスマナーが欠かせません。したがって、役員とのやり取りが多くなる役員運転手にとっては、一般社員以上に必要となってきます。役員運転手には社会人としての常識だけでなく、世間的な感覚を持ち合わせていることも大切です。担当の役員に対してはより適切な敬語を用い、何を求めているのかを把握することが大切です。

 

そして、役員に合わせて活動する都合上、スケジュールは役員のスケジュールが優先されることが多いです。どのような状況であっても送迎ができるように、体調を維持することもビジネスマナーに含まれます。また、たとえ業務で車を動かしていない時間であっても、役員運転手がマナー違反な行為をしてはいけません。たった1つの行いで担当の役員、ひいては自社に対する悪評につながってしまうこともあるのです。そのため、活動時間外であっても、周囲の目があることを意識して行動する必要があります。

 

 

■役員運転手に求められる守秘義務

役員運転手は秘書的な役割も果たすことがあり、多くの場合、高いコミュニケーション力が必要とされます。しかし、それ以上に重要なこととして、守秘義務を遵守することが求められるのです。たとえば、乗務中に見聞きしたことを口外してはいけません。プライベートはもちろん、同じ会社の社員に尋ねられた場合でも、許可がない限りは話してしまうことは厳禁です。こうしたことには特に気をつけておかないと、情報漏洩につながる恐れがあります。他の社員や部署との連携を取ることは大切ですが、伝える事柄は、本当に役員から言付かったことであるのかどうかを意識するようにしましょう。

 

また、役員のスケジュールを漏らしてしまうことも避けなければなりません。車内に放置してしまうだけでも守秘義務違反となるので、取り扱いには注意する必要があります。また、見聞きした情報を私的な取引に利用するようなことはもってのほかです。インサイダー取引をすることは、守秘義務違反になると同時に金融商品取引法で規制されている違法行為でもあります。情報管理は細心の注意を払うように心得ておきましょう。

 

 

■心得の基本は大人としての常識

役員運転手の心得には、あまり特殊なものは多くありません。ビジネスマナーを守り、一般常識に基づいた行動・言動を心がけるといったことは、社会人としては当然のことといえます。守秘義務がある職業も珍しくはありませんが、役員運転手は機密情報を見聞きする機会が多いため、取り扱いや立ち居振る舞いに気をつけなければならないことも確かです。さらに、仕事である以上、運転手として安全運転も重要となります。これは私生活であっても当たり前のことです。プロのドライバーともなれば、仕事で安全運転を心がけることは当然のことだといえます。

 

そのため、常に心に余裕を持ち、落ち着いた運転をすることが求められるでしょう。余裕を持った行動や、役員に限らず相手を思いやった気配りが必要となる仕事ですが、その基本は社会人として身につけておくべき常識にこそあります。非常識な行動を取らないように、周囲の目に気を配ることが大切です。非常識な行動は、起こした本人は非常識だと気づかないことも多いため、常に自らの常識を疑う心持ちでいることが大切といえます。


2019-02-01 00:00:00
S2.png

秘書はドラマなどでもよく登場し、知名度の高い職業です。知的なイメージで、憧れをもっている人も多いことでしょう。ただ、その一方で、具体的な業務内容についてはどの程度まで知られているのでしょうか。そこで今回は、秘書の具体的な仕事内容をどの程度知っているのかについて、アンケート調査を全国の男女を対象に行ってみました。

 

【質問】

秘書の具体的な仕事内容を知っていますか?

【回答数】

はい:38

いいえ:62

 

秘書の仕事内容はドラマのイメージ先行?

 

秘書の具体的な仕事内容に関するアンケートを取った結果、どんな仕事をしているのか知らないという回答のほうが多くなりました。

・実際に秘書として働いている人を知らないので、役員のスケジュール管理や事務処理といった漠然としたことしか思いつかない。(40代/女性/正社員)

・テレビなどで見るような業務(スケジュール管理など)のイメージだけしかないです。(30代/女性/正社員)

・秘書になった事がなく、実際の業務内容を知らない。ドラマなどで、社長の横に立って「〇〇さんです」など耳打ちするような存在というイメージ。(30代/女性/専業主婦(主夫))

 

テレビドラマなどで見たことはあるので漠然としたイメージはあるけど、具体的にどのような業務を行っているのかは分からないという回答が多いです。具体的な業務をイメージできない理由としては、自分自身が秘書の仕事を経験したことがないということが挙げられます。また、知り合いや友人など身近な人で秘書の人がいないということも影響しているようです。

 

秘書の仕事内容が分かる人は共通した特徴がある?

 

一方で、秘書の具体的な仕事内容を知っているという人は約4割いました。

・会社の中で、秘書の人が行っている仕事をなんとなく見ているので。(20代/女性/パート・アルバイト)

・約1年、部長秘書の経験があるためおおよその業務内容は把握している。(40代/女性/派遣社員)

・学生時代、秘書検定を受検するために問題集をといたことがあるから。(40代/女性/正社員)

・親族や知人に秘書を雇う者がおり、話を聞くことがあるため。(30代/男性/個人事業主)

 

秘書の具体的な業務内容が分かる人は、同じ会社の社員や知り合いに秘書の人がいるパターンが多いようです。そのため、直接話を聞いたり、近くで仕事をしていたりするのを見て知っているのでしょう。これはつまり、周りの環境などの影響で何らかの接点があったり、深く興味を持つきっかけがあったりすると具体的な業務内容まで知る可能性が高いと言えます。

 

秘書の仕事を具体的に知っている人は少ない

 

秘書の具体的な仕事内容に関しては、何となくは分かるけど、詳しい部分は分からないという人が多くいました。テレビなどの影響で知名度は高い職業であるものの、具体的な業務内容になると身近に秘書の仕事をしている人がいるか、自分自身で経験がないと理解するのは難しいのかもしれません。そのため、イメージだけが先行している職業ということもできます。どんな職業も経験しないと分からないことは多くありますが、秘書もそんな仕事のひとつと言えるでしょう。

 

■調査地域:全国

■調査対象:年齢不問・男女

■調査期間:直近の1ヶ月間

■有効回答数:100サンプル

 

秘書の具体的な仕事内容を知っていますか?

 

【はい】

・スケジュールの管理、来客・電話・メールなどの対応、文書の作成、その他の雑務などが主だと思う(30代/男性/個人事業主)

・秘書は主に会社の方針で異なりますが、主に秘書は会社の状況{代表のスケジュルの管理他諸々沢山秘書にはやる事が沢山です。}(30代/男性/パート・アルバイト)

・学生時代、秘書検定を受検するために問題集をといたことがあるから。(40代/女性/正社員)

・実際にある企業の社長秘書とお会いしてお話を伺ったことがあるからです(40代/男性/個人事業主)

・スムーズに仕事ができるように、スケジュール管理など細かな部分をサポートする仕事。(40代/女性/無職)

・社長や役員のスケジュール管理や電話・メール対応、文書作成、手土産の準備などがあります。(50代/女性/専業主婦(主夫))

・社長のスケジュールから仕事の手配まで行い、社長より忙しいイメージです。(30代/女性/正社員)

・映画やドラマでしか見ていないので正確にはわからないかもしれません。(50代/女性/派遣社員)

・以前、秘書検定を受けたことがあったことと、実際に知り合いに秘書をしている方がいるので。(40代/女性/正社員)

・主にスケジュール管理だと思ってるが、それ以外と言われるとなかなか思い浮かばない。お客様応対やお茶だしとか雑務全般かなと思う。(40代/女性/個人事業主)

・会社の社長や、役員ともなると1日のうち、複数の案件をこなさなければならないので、細やかなスケジュール管理が必要になる。訪問先や接待先の相手に嫌な思いをさせない為、手土産の手配や食事会の会場のセッティングから、出張の際は乗り物の予約や宿泊先の選定など社長や役員が仕事に集中出来るよう手助けする仕事です。(50代/男性/個人事業主)

・秘書検定の本を見たことがあるから、ドラマや友人の話を聞いて。(30代/女性/正社員)

・インターネットからの情報や知人の体験談、職業紹介の本などで見聞きしました。(20代/女性/専業主婦(主夫))

・秘書検定で調べたことがあるので、大体の仕事内容が分かります。(40代/女性/個人事業主)

・親族や知人に秘書を雇う者がおり、話をときおり聞くことがあるため。(30代/男性/個人事業主)

・社長など上司のスケジュール管理や調整、電話対応、来客時のお茶出しを含めた接客対応や約束の取りつけ、書類の整理などの雑務、お礼状の作成などのビジネス文書作成のような、上司を事務面でサポートする仕事だと思っています。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・スケジュール管理、来訪者応対(お茶出しなど)、電話受付、書類作成など(40代/女性/専業主婦(主夫))

・自分自身が長年企業の役員秘書としての経験があるから。議員秘書などの特殊な業務に関して以外なら知っている。(40代/女性/正社員)

・スケジュール管理や事務作業など、細々としたことが多いものです。(40代/女性/個人事業主)

・社長のスケジュール管理、諸々の書類の処理、社長のお客様の接待などをするのだと思います。(40代/男性/無職)

・秘書は今後のスケジュール管理や、社長や取引相手との予定管理などといった細かい作業をします。(20代/男性/学生)

・以前に社長秘書をやっていた友人がいたので、ある程度の仕事内容については聞いたことがあります。(40代/男性/正社員)

・役員のスケジュール管理や事務作業の代行を担当する人が身近にいるので。(40代/男性/正社員)

・主に役職者のスケジュール管理、庶務的な業務を行い、役職がスムーズに業務に臨めるよう環境設定を行う。(50代/男性/個人事業主)

・社長のスケジュール管理やアポイントメントの調整などをおこなう。(20代/男性/正社員)

・実際自分が官公庁で勤務しているから。市長部局の秘書係として配属されていたから。(30代/女性/公務員)

・会社の中で、秘書の人が行っている仕事をなんとなく見ているので。(20代/女性/パート・アルバイト)

・以前総務課で働いていたので、秘書担当者の仕事を近くで見ていました。上司のスケジュール管理や訪問客の対応のほか、会議資料まで多岐にわたり対応されていました。(40代/女性/派遣社員)

・約1年、部長秘書の経験があるためおおよその業務内容は把握している(40代/女性/派遣社員)

・スケジュール管理や手土産の手配、挨拶状を送ることなどだと思うからです。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・自身の父がの最終的な役職が副社長であったため、現役時代秘書の話などをよく聞いていたため。(40代/男性/正社員)

・一般的には「ボスのマネージャー役」のようなイメージがありますが、機密性の高い重要書類の管理を任されるため、強いセキュリティー意識が求められる特別職です。

・表舞台に出ることなく、裏方としてのサポートに徹する特殊性の高い職種と言えるでしょう。(40代/男性/正社員)

・以前、結婚前に秘書の仕事をしており、他社のお客さまや社内のミーティングのアポイントやスケジュールの管理、翻訳などを行っていたから。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・あくまでも、イメージなのですがスケジュールの管理や来客対応やお茶汲みなどかなと思います。(30代/女性/無職)

・社長の予定管理や、メールチェック、来客の受付などが主ではないでしょうか。さらに社長がらみの文書作成や雑務なども入ってくると思います。(50代/女性/専業主婦(主夫))

・ボスの仕事を全面的にフォローします。最終的な判断はボスですが、判断材料を集めたり、まとめたりするのは秘書です。(50代/女性/個人事業主)

・学校で秘書の授業があったので、現役の秘書の方からお話を聞いたことがあるからです。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・スケジュールの把握、管理、先方へのアポイント、いろいろな雑用(40代/女性/正社員)

 

【いいえ】

・オクト   特に秘書の具体的な仕事は知らないです。  自分のかかわった仕事業務では秘書が必要ではないと思います。(40代/女性/無職)

・実際に秘書として働いている人を知らないので、役員のスケジュール管理や事務処理といった漠然としたことしか思いつかない(40代/女性/正社員)

・秘書と言うもの自体を映画やドラマ、漫画の世界でしか見たことがないからです。(30代/女性/正社員)

・なんとなくスケジュール管理や調整がメインのような気がしますが、あとはわかりません。(30代/女性/正社員)

・電話に対応したり、スケジュール管理や先方への対応くらいしか、イメージがありません。(20代/女性/個人事業主)

・秘書になった事がなく、実際の業務内容を知らない。ドラマなどで、社長の横に立って「〇〇さんです」など耳打ちするような存在というイメージ。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・今までの職歴の中で秘書の仕事をした経験がなかったので、そう判断しました。(40代/男性/正社員)

・具体的ではなく、なんとなくの想像やイメージでしか仕事内容を知らないから。(30代/女性/無職)

・秘書を雇ったことがないですので、秘書の仕事はどんなものか分かりかねます。(70代/男性/無職)

・興味がなくどんな仕事をしているのか考えたことがないし、知り合いや友達にも秘書はいないので仕事内容についてはよくわからないです。(40代/女性/個人事業主)

・漫画やドラマでしか見たことがなくて、実生活で秘書を見たことがないから(20代/女性/学生)

・名称の意味がわかりにくく、実際に目に見える形で成果が出ない仕事であるため。(40代/男性/正社員)

・サポート業務としかわかりません。また会社によって仕事内容が違う気がします。具体的にはよくわかりません。(30代/女性/派遣社員)

・実際よくわかりませんが、とても重要である仕事であると思っています。(20代/女性/学生)

・ぼんやりとした内容なら想像がつきますが、具体的にどんなのかは謎です。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・秘書をしたこともなければ、秘書がいる職場で働いた経験もない。テレビのドラマなどで見る秘書のイメージが先行しているだけであるから。(40代/女性/パート・アルバイト)

・秘書のイメージは社長の仕事の中のスケジュールや手配などをする右腕的存在?あまり理解はしてない。(20代/女性/無職)

・これまで勤めていた会社に、そのような役割の人はいたものの

・正式に秘書という肩書の人がいなかったため。(20代/女性/パート・アルバイト)

・秘書についてあまり知る機会がなく、具体的なことまではわからない部分が多いです。(10代/女性/学生)

・詳しくはわからないので選びましたが、スケジュール管理、来客の応対、メールや電話の対応などだと思います。(40代/女性/無職)

・一般的な知識としてはスケジュール管理や書類管理・作成など個々の補佐的な仕事だと認識していますが、今までの職場に秘書はいなかったので具体的には分かりません。(40代/女性/個人事業主)

・秘書を雇った経験がないからです。しかし、ドラマなんかを見ていると何となくですが秘書の仕事が分かったようになります。(50代/男性/パート・アルバイト)

・スケジュールを把握したり、アポイントメントを取ったりするお仕事だと思いますが、はっきりとした秘書の具体的な仕事内容を知らないのでいいえを選択しました。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・スケジュール管理ぐらいしかわかりません。なんとなく理不尽な要求にも応じなければならない仕事というイメージがあります。(40代/女性/正社員)

・自分が勤務している会社には、社長や役員に秘書がいないからです。(40代/男性/正社員)

・ドラマや映画などでしか秘書はの仕事を見たことがなく、スケジュール管理をしていることくらいしか分からないためです。(20代/女性/学生)

・役員の予定調整、来客者への対応等は予想できる業務内容ですが、具体的な内容と質問されると、回答に自信が無い為。(50代/男性/正社員)

・秘書検定などはありますが、内容を詳しく知らないです。ドラマなどで出てくるような秘書のイメージを持っていますが、いまいち具体的に何をしているのかよくわからないです。(20代/女性/正社員)

・テレビドラマで見たことがある程度なので、実際、どんなことをしているのかはわかっていない(30代/女性/無職)

・社長や役員の業務をサポートするということは何となく知っているが、具体的な仕事内容と聞かれるとピンとこない。(20代/女性/専業主婦(主夫))

・具体的な仕事内容を知らないから、答えようがない。あとあまり興味もないからです。(20代/男性/正社員)

・秘書の仕事がどういうものか、全くわかりません。賢いひとでないと務まらないのだろうと思いますが・・。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・具体的な内容は知らないが、その企業の責任者などのスケジュール管理を行ったり、仕事の補助をする職業だと思っている。(10代/男性/学生)

・実際に秘書として働いている人に会ったことがなく、ドラマなどでスケジュール管理などをしているイメージだが、実際の仕事内容はよくわからない。(20代/男性/正社員)

・会社勤めをしたことがなく、秘書の知り合いもいないのでドラマに出てくる秘書ぐらいしか想像できない(40代/男性/個人事業主)

・ドラマなどで架空の秘書は見たことはあるが、実際の秘書が具体的にどんな仕事をしているのかは分からない。(20代/女性/無職)

・仕事に就くと、心身ともに大きなエネルギーを費やすことがわかる結果となりました。(40代/男性/正社員)

・漠然とは把握しているつもりだが、個別具体的にどのような仕事をしているのかは、はっきりとわかっていない。(40代/男性/個人事業主)

・やった事も触ったことも無いので実際の詳しい所までは分からない(40代/男性/無職)

・テレビドラマ等でやっているような社長のスケジュール管理や調整、取引とのアポイント取り、来客対応くらいしかわかりません。(30代/男性/個人事業主)

・今まで事務系のしごとをしたことがないから、くわしいことがわかりません。(50代/女性/パート・アルバイト)

・スケジュール管理等のイメージはつくが、その他は会社によって違うと思うから。(30代/女性/正社員)

・あまりわかりませんが、日程の調整は仕事の一つかなと思いました。(20代/男性/個人事業主)

・私の思うところスケジュール管理・調整発言などの管理・補足など(40代/女性/専業主婦(主夫))

・社長や役員などのスケジュール調整や、それぞれの行動に同行する等の仕事内容しかわかりません。(20代/女性/派遣社員)

・想像上ではマネージャーの様にスケジュール管理や特殊な事務処理をされるのかと思いますが、何分知っていませんので。(30代/男性/正社員)

・中小企業には部署として配置されない会社が多く、謎に包まれている部分が多いと思う。(30代/男性/パート・アルバイト)

・今まで秘書の仕事に接することがないため、スケジュール調整くらいしかわからない。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・具体的な内容までは、知りません。テレビを観て知っている部分は社長などのスケジュール調整、先方との連絡調整です。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・秘書と接したことがないし身近な存在ではないからその仕事をしらない(20代/女性/学生)

・具体的にどのような業務内容があるのかを知らないです。業界によって異なるのかなとは思います。(20代/女性/パート・アルバイト)

・今まで秘書を雇ったことがなく、また必要とする機会がなかったから。(40代/男性/専業主婦(主夫))

・私は秘書になった経験が無く、秘書の知識も持ち合わせていないため。(30代/男性/正社員)

・秘書をやとったこともないし、身近に秘書をしているという人もいないから。(40代/女性/個人事業主)

・知っている範囲で言えば、スケジュール管理や雑務程度。具体的に何をするというのはわからない。(30代/男性/個人事業主)

・社長や役員などのスケジュール管理を実行しているというレベルなら知っていますが、それ以上の詳しい秘書の役割や具体的な仕事内容は、あまり知りません。(40代/女性/無職)

・具体的な仕事内容は分かりません。社長さんのスケジュール管理など(20代/女性/パート・アルバイト)

・テレビなどで見るような業務(スケジュール管理など)のイメージしかないです。(30代/女性/正社員)

・芸能人のマネージャーのような仕事のイメージですが、実際にどのような仕事をしているのかよく分からないので(20代/女性/正社員)

・重役のスケジュール管理や仕事のサポートといったざっくりとしたイメージしか浮かばないので、具体的内容は知りません。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・秘書を勤める上司のスケジュール管理や他の上司や他社の人に諸々の取次をする仕事だというイメージ(20代/女性/学生)

・スケジュール管理以外の仕事をあまり詳しくわからないからです。(40代/女性/正社員)


2019-01-15 00:00:00
5_5_1_41695608.jpg

社長運転手に挑戦してみたくても、自分に務まるかどうか不安に思う人もいるかもしれません。しかし、どんな仕事でもメリットとデメリットが必ずあるものです。考え方次第ではデメリットをメリットに変えることもできます。そこで、社長運転手にはどんなメリットとデメリットがあるのかを紹介し、いかにデメリットを克服していくかについて解説していきます。

 

 

■運転技能と人柄の両面を活かせる

社長運転手の仕事は、社長の1日のスケジュールに沿ってその移動をサポートすることです。時には分刻みのスケジュールで車を走らせることもあります。急な予定の変更があっても落ち着いて対応し、常に安全かつ快適に運転することが求められる仕事です。よって、社長運転手の能力として第一に求められるのは高い運転技術であり、パソコンや経理などの知識は求められません。運転免許以外の事務的な資格を持っていなくても活躍できる仕事といえるでしょう。高い運転技術に加えて、道に詳しいなどプロドライバーとして培った技能を活かせれば、評価はより高くなります。

 

また、社長運転手は運転技術だけでなく人柄も大いに活かせる仕事です。日々を忙しく動いている社長クラスの人は、社用車の中くらいはリラックスして心地よく過ごしたいと考えるものです。そのような社長のために社用車の中であたたかい気配りができるととても喜ばれ、仕事の評価へとつながります。運転手の人柄や日々の仕事ぶりが評価されれば、待遇面で優遇される可能性も大いにあるでしょう。

 

 

■待機時間が長いのがデメリット

社長運転手の仕事上のデメリットとして、待機時間の長さが挙げられます。社長運転手は、車を走らせていない待機時間も勤務時間として拘束されるのが基本です。日によっては、乗務時間よりも長い待機時間が発生することもあるでしょう。確かに、車を走らせていない待機時間はどのように過ごせばよいかわからずデメリットと感じてしまうかもしれません。しかし、逆にいえば待機時間を有効に利用することでメリットにすることも可能なのです。

 

たとえば、社長との普段の会話に必要な知識や情報を得るための時間にあてれば、その後の業務効率がアップし、社長から信頼を得ることにつながります。また、待機時間を利用して社用車の清掃やメンテナンスをすれば、勤務時間外に洗車に行ったりせずに済み、時間を効率よく使えるでしょう。さらに、所定勤務時間の大半が待機時間で送迎が時間外になった場合は、時間外手当が加算されることになります。このように、待機時間は運転手の裁量の幅が広い時間でもあるので、使い方をうまく考えて効率よく業務をこなすことが求められるでしょう。

 

 

■社長運転手はメリットを増やせる仕事

社長運転手は、待機時間の長さなど一見デメリットと感じる部分でも、取り組み方次第でメリットに変えられる職業です。運転免許以外の資格を持っていないため就職に自信がないと考えることもあるかもしれません。しかし、無事故無違反で長い間運転を続けてきたというのは、それだけで社長運転手として高く評価されるポイントになります。また、社長運転手には守秘義務があることをふまえると、無駄口をたたかない人の方が好まれます。どちらかというと寡黙な性格で、自分から積極的に話しかけるのが得意ではないという人にも向いている職業といえるでしょう。

 

タクシー運転手としての経歴は長くても、社長運転手として働くのは初めてで不安に感じる人もいるかもしれません。しかし、地理に詳しく、時間ごとの混み具合の変化や抜け道に精通しているということは、社長運転手として大きな強みです。このように、社長運転手という職種には、デメリットと感じている部分が実は強みになるという可能性が大いにあります。社長運転手として活かせる点はないか、今一度自分自身を振り返ってみるとよいでしょう。


1 2 3