+81-3-6435-8229

株式会社トランスアクトホールディングス|TransACT Holdings

株式会社トランスアクトホールディングス

最新情報

2020-11-15 00:00:00

TBSラジオ「テンカイズ」のラジオ放送の中だけでは紹介しきれない、それぞれの企業や業界で活躍する人をテンカイするYouTube限定動画「テンカイズα」に株式会社トランスアクト代表の橘が出演しました。

 

 

テンカイズ橘秀樹1.jpg テンカイズ橘秀樹2.jpg

 

 

まだまだ世の中での認知度は小さいものの、近い将来大きな注目を集めるであろう幅広い分野で活躍する「企業」や「人」を徹底分析。

彼らの展開図を描き、これまで見たこともないような新しい世界を組み立てる番組です。

 

 

MC 宇賀なつみ(フリーアナウンサー)

1986年東京都出身。

大学卒業後の2009年4月1日に、アナウンサーとしてテレビ朝日に入社。

『報道ステーション』『グッド!モーニング』『ここがポイント!!池上彰解説塾』『羽鳥慎一モーニングショー』など幅広く活躍。

2019年3月末で入社10年の節目をもってテレビ朝日を退社。個人事務所を設立して現在フリーとして活動中。


2020-11-10 00:00:00
■成功したいなら徹底・集中すべき!経営者に大切な5つのこと

経営者にはさまざまな素質が必要です。企業のトップに立つ者として社員に慕われ、企業を大きくしていくのは、誰でも簡単にできることではありません。ここでは、経営者として成功するために何を大切にするべきか、基本的な心構えや価値観、普段からできる注意点など、経営者として欠かすことのできない5つのポイントについて紹介していきます。

 

 

■経営者とは

経営者とは、組織の経営において最終的な責任を負う人のことです。基本的には「社長=経営者」の構図が成り立ちますが、経営に関する仕事を社長以外の人間が担っている場合もあります。外部の経営コンサルタントを雇ったり、経営に関しては役員に任せたりすることもあるでしょう。それでも、最終的な決定を下すのは企業のトップに立つ経営者の仕事です。全社員の生活が自分の判断1つにかかっていることを自覚し、あらゆる決定について責任を負う覚悟が必要だといえるでしょう。

 

■会社経営において大事なこととは

企業全体の管理や他社代表との交流など、経営者は多くの重要な仕事を担っています。その中でも、特に大事な仕事だといえるのが会社の最終的な意思決定です。最終的な意思決定をするということは、会社の方向性を決めるということです。経営理念に基づいて会社の将来的な理想像をイメージし、間違った方向に進んでいないかどうかを確かめながら、経営者は会社の舵取りをしなくてはなりません。先述のとおり、全社員の生活が自分の肩に乗っていることを自覚したうえで意思決定をおこなっていく必要があるのです。

経営についてのアドバイスを受けるために、経営コンサルタントなどを雇っている経営者も多いでしょう。しかし、最終的な意思決定までコンサルタントに委ねてしまうのは危険です。なぜなら、コンサルタントはあくまでも第三者の立場からアドバイスをするべき存在であり、自分の判断について責任を取ってくれるわけではないためです。最終的に責任を取るのは経営者自身なので、意思決定も自分の責任でする必要があります。

同時に、意思決定の際は自分の直感を信じることが大切です。とはいえ、周りの意見をおろそかにしすぎると社員がついてこないので、うまくバランスを取ることを心がけましょう。

 

1.金融経済や会社経理といった数字に強い

企業規模や業種に関係なく、たとえ優秀な経理が在籍していても、トップに立つ者は自分の会社の数字を正しく把握できていなければなりません。経営とは常にお金が絡んでくるものです。さまざまな情報からビジネスチャンスにつなげていくには、経理の知識も求められます。もちろん、世界で何が起こっているのか把握し、先を見据える洞察力も必要です。細かい数字はそれぞれの担当部署や経理に任せることも重要ですが、全体像を正確に掴んで常に全体のバランスを考えていくのはトップの役割といっていいでしょう。

 

2.人脈を持っている

成功者に必要な条件の一つに人脈があります。特に、企業がピンチに陥ったときには、いかに豊かな人脈を持っているかどうかにかかってきます。また、大きな商談や未経験の分野に参入する際も、人脈が頼りになることもあるでしょう。例えば、自分には接点がない業界でも、周囲につながりを持っている人がいれば取引が可能になることも期待できます。または、適切な助言をもらえるなど、困ったときにも力になってくれます。強い人脈を作るには、ささいなチャンスも逃してはいけません。イベントやセミナー、展示会など、大物経営者や著名人に近づける機会はさまざまです。

 

3.社員からの信頼が厚い

社員から信頼を寄せられることは、経営者にとってもっとも重要なことでしょう。どんなに優秀でやり手の経営者であっても、実際に仕事をして形にしてくれるのは社員です。企業のために働いてくれている、という気持ちを忘れてはいけません。仲間という意識も持ち、役職や立場に関係なく声をかけてあげる姿勢も大切です。業務で問題が発生したときには、トップとしてスピーディーに解決できれば、社員を不安にさせることもありません。社員から厚い信頼を得られれば、それだけ社員との距離も近くなり、話に耳を傾けてくれて従ってくれるでしょう。

 

4.先々を読む先見性がある

目の前の問題に取り組むことも大切ですが、経営者にとって大切なのは、先を見据えた経営戦略です。1、2年先に何が起こっているかで判断しましょう。たとえ今主流になっていることでも、それが将来的にも通じるかどうか判断して動くことで、企業が成長できるかどうかが問われることになります。先を見抜くためには、多くの経験や知識が必要です。そのためには経営者になってこそ、学ぶことを怠らないようにしましょう。

 

5.やるべきことに集中する

前述したように、経営者は社員に寄り添う姿勢を持つことや自社の数字について把握しておくことが重要です。企業の存続を考えれば、取引先がどのような状況にあるかにも目を配ることは大切でしょう。社員や取引先も含め、企業を支えてくれるすべてに意識を置く姿勢は必要です。しかし、それらをすべて自分で背負ってしまえば、十分な時間が取れないうえに、いざというときにリーダーシップを発揮できないこともあります。経営者がやるべきことは、大きな決断を下すことと、企業全体の方向を決めて行くことです。そのためには、自分がしなくてもよいことは社員に役割を振り、体力と思考力を温存しましょう。

 

■やるべきことを絞って経営者としての役目を果たす

自分の健康管理をすることも経営者にとって重要なことです。また、スケジュール管理をしっかり行い、無駄な時間を作らないことも大切といえます。そのためには専属の運転手を雇用すると、移動中の時間も有効活用できます。また、秘書を用意しておくと、スケジュールを忘れることもないうえに、来客の取次など細かい部分を任せることが可能です。

会社を経営する社長は、会社の代表として責任のある立場にあります。そんな社長に必要な資質や条件、心得とは何なのだろうと思うことはありませんか。会社や社員またはクライアントにとって、いつまでも理想的な社長であり続ける人にはさまざまな共通点があります。この記事では、社長に求められる力や心がけについて紹介していきます。

 

社長に必要なこと① 数字に強い

経営と数字は切っても切れない関係にあるため、会社を経営するには数字力をつけなければなりません。利益率や売上額、税金など、経営のデータは数字で表します。もしそれらのデータを無視して経営を進めてしまったとすれば、経営破綻のリスクが高まってしまいます。逆に、数字に強い社長は経営に強い社長であるといえます。どうしても数字に弱い場合は、管理会計を導入することを検討しましょう。

 

社長に必要なこと② コミュニケーション力

会社を経営する社長には、高いコミュニケーション能力が必要です。社長は社員に対し、会社の経営や事業などについて正確に情報を伝える必要があります。また、いかに社長が円滑なコミュニケーションを行うことができるかによって、社員の士気も変わってきます。社長のコミュニケーション能力は、会社全体の雰囲気や社員ひとりひとりの仕事のパフォーマンスを左右することもありえるのです。

 

社長に必要なこと③ 貪欲に新しいもの・知識を吸収できる好奇心

新しいものや知識を積極的に吸収する好奇心も社長にとって大切です。創造性やアイディアは好奇心から生まれるため、好奇心を持つことはビジネスを成長させる可能性を広げることに直結します。また、社会情勢は毎日変わりますし、ビジネスの世界では日々新しいものが生まれています。社長がそういった変化を楽しめるような好奇心を持ち合わせていることは、世の中に求められる会社であり続けるためにとても大切であるといえるでしょう。

 

社長に必要なこと④ 判断を変えられる柔軟性

社長は物事を判断する意思決定を行う場面が多くありますが、柔軟にその判断を変更できる力も必要です。もちろん、むやみに決定事項を変更することは社員やクライアントを混乱させてしまいますが、状況に合わせて臨機応変に対応することはとても大切です。環境や状況に応じて適切な判断をしたとしても、状況が変わればその判断を変える必要が出てくることもあります。社長の決定したことは社長しか変更することができないため、変化に対して柔軟な判断ができるよう自己変革力を高めておくべきです。

 

社長に必要なこと⑤ バシッと決定できる決断力

ここぞというときの決断力も社長にとって必要な力の1つです。ビジネスの世界では迅速な判断を迫られる場面が多くありますが、最終的に物事を決断しなければならないのは社長です。この決断を間違えてしまうと取り返しのつかないことになる場合もあるため、冷静に状況を分析して正しい決断をする力が社長には求められるのです。

 

社長に必要なこと⑥ 社長の業務のみに集中する力

社長は、自分のやるべき業務だけに集中しなければなりません。社長は会社を経営する立場にあるため、事業の計画をしっかりと練り、会社の黒字化を目指さなければならない責任があります。そのためには、資金を調達したり、社長自ら社員が気持ちよく働けるような環境を作っていく必要があるでしょう。社長自身が時間に余裕がなかったり、ほかの社員でもできる業務に社長が集中してしまったりすると、会社が円滑に機能しなくなってしまう可能性があります。社長には、社長にしかできない仕事があります。社長がやるべき仕事にだけ集中して取り組み、会社全体のパフォーマンスを下げないようにしましょう。

 

 

■社長にはハイレベルな仕事が求められる!すべきことにのみ集中を

社長は会社の代表であり、会社の黒字化を目指す責任があります。常に迅速な判断や大きな決断などのハイレベルな仕事が求められるため、それなりに時間が必要となります。その大切な時間と労力を捻出するために、例えば運転手や秘書を雇うことを検討してみてはいかがでしょうか。大切な会社のためにも、社長は自分にしかできない業務に集中する必要があるのです。

 

 

 

 

 

社長・経営者に関する「トランスアクトグループ」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「一般財団法人トランスアクト財団」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「株式会社トランスアクトホールディングス」の記事も読まれています

役員運転手・社長秘書に関する「株式会社トランスアクト」の記事も読まれています

役員運転手・運転手・ドライバーに関する「DRIVE4ME」の記事も読まれています

社長秘書・秘書・セクレタリーに関する「SECRETARY4ME」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「合同会社トランスアクト」の記事も読まれています

Chauffeur・Secretaryに関する「TransACT America Inc.」の記事も読まれています


2020-11-05 00:00:00
■「トランスアクト」は特許庁より商標登録の認証を受けております

当グループ総称「トランスアクト」は経済産業省特許庁より商標登録として正式に認証され事業活動を行っておりますので、ここにお知らせ致します。

 

【商  標】 トランスアクト / TRANSACT

【登 録 日】 平成29年9月29日

【登録番号】 第5983936号

【区  分】 第39類


2020-11-01 00:00:00
D8.png

アクション映画においてカーチェイスは定番の見せ場のひとつだと言えます。その際に注目されるのはいうまでもなく、ドライバーの運転テクニックです。そして、それに憧れてプロのドライバーを目指すようになった人も少なくないのではないでしょうか。それだけ、映画やドラマの影響力は大きなものがあるのだと言えそうです。そこで、その人気を確かめるために、運転手が活躍する映画・ドラマといえば、どういったものが思い浮かぶのかを調査してみました。

 

【質問】

運転手が活躍する映画・ドラマで思いつくのはどれですか?

【回答数】

ベイビー・ドライバー:2

TAXI:39

トランスポーター:18

ワイルド・スピード:19

素敵な選TAXI:22

 

知名度も映画の評価も高い「TAXI」

 

アンケートの結果、「TAXI」が最も多いという結果になりました。

・見たことはないのですが、運転手と聞いて一番に頭に浮かんだ映画だったので選びました。(40代/女性/無職)

・選択肢の中で唯一見たことのある作品だったから。他も名前は聞いたことはあるが、見たことがなかった。(30代/男性/個人事業主)

・唯一、観たことがあるため。フランスのタクシー運転手だが、個性があり、楽しそう。スピードは苦手だが、運転技術の長けたドライバーの車に乗ってみたいと思うから。(40代/女性/パート・アルバイト)

・とてもスピード感があふれてエキサイティングな映画ですが主人公は、コミカルで面白いので好きな映画です。(50代/女性/パート・アルバイト)

 

この作品に関しては、観たことがあるのがこれだけだからという理由が目につきます。一方で「主人公が個性的」「コミカルで面白い」などといった具合に、映画を高く評価する声も少なくありません。つまり、単に知名度が高いからというだけではなく、作品としての面白さが脳裏に焼き付いていた人が多かったからこそ、1位という結果になったのだと言えそうです。

 

竹野内豊とバカリズムの魅力が光る「素敵な選TAXI」

 

TAXIに次いで2番目に多かったのが「素敵な選TAXI」です。

・最近のドラマなので、記憶に新しい。オムニバス形式でわかりやすかったから。(20代/女性/個人事業主)

・枝分さんの運転するタクシーで自分もある分岐点に戻ってみたいと思ったから。(50代/女性/専業主婦(主夫))

・現実離れしたドラマだったが、竹野内豊の運転手姿がカッコよく印象に残っているから。(30代/女性/公務員)

・タクシーの中のシーンが合成っぽくて安いドラマだなと思ったが、竹野内豊が好きで見ていたため。脚本をバカリズムが手掛けているというのも見ていた理由のひとつ。(40代/女性/個人事業主)

 

オムニバス形式のドラマだったことが、運転手を主軸にした作品であるという事実を印象付けたようです。それに加え、人気俳優の竹野内豊を運転手に配したことが作品の知名度アップに結び付いたのではないでしょうか。同時に、アンケートの回答からは、バカリズムが脚本を手掛けているという事実も知名度を高める一因となっていることがうかがえます。

 

派手なカーチェイスが印象的な「ワイルド・スピード」

 

3番目に多かったのはワイルド・スピードです。

・車がたくさん登場しますし、大好きな映画シリーズのひとつだからです。(20代/男性/正社員)

・まだ20代の頃にシリーズ1作目を見たのを今でも覚えています。ストリートレースやカーチェイスのシーンは迫力でアメリカならではの派手さが良かったです。カーアクションだけでなくストーリーも犯罪者と警官、男女の恋愛、友情などが盛り込まれていて楽しめる映画でした。(40代/女性/個人事業主)

・冒頭から迫力のある、ハリウッド映画らしいカーチェイスでこちらの心を掴まれた映画のため。(50代/男性/個人事業主)

・車を使ったハードなアクションと使われている車がどれも車好きには堪らない。あとは作画中のBGMが好きだから。(20代/女性/無職)

 

ワイルド・スピードは単に知名度が高いというだけでなく、迫力満点のカーチェイスが印象に残っているという意見が多く見られます。ハリウッド映画らしい派手なシーンが盛りだくさんで、見所満載の作品だったからこそ、すぐに思い出すことができたのではないでしょうか。

 

カーチェイス以外にも見所盛りだくさん!「トランスポーター」

 

ワイルド・スピードと僅差で4番目となったのが「トランスポーター」です。

・スーツの運び屋、洗練されたアクションが非常に印象的で、車に興味がなくても楽しめる作品だから。(50代/女性/専業主婦(主夫))

・運転技術も凄いけど、車外で敵に襲われた時にも強くて、アクションもカッコいい。(40代/女性/無職)

・映画だけでなく、連続テレビドラマ化もされているのは、ストーリーが魅力的で、多くの視聴者が賛同しているからだと思うから。(50代/男性/正社員)

・カーアクションはもちろん、主演の男性の肉体美やアクションシーンにときめく。車好きでなくても楽しめる映画。シリーズ全部見ています。(30代/女性/専業主婦(主夫))

 

この作品は映画だけではなく、テレビドラマにもなった点が知名度の高さにつながっているようです。それに、回答を見てみると、カーチェイス以外にも、主人公の肉体美や洗練されたアクション、あるいは印象的なストーリーなど、さまざまな魅力が盛り込まれている作品であることがわかります。その魅力ゆえに多くの人が名前を挙げたのではないでしょうか。

 

運転手が主人公の作品にはドライバーの魅力が必須!

 

当然のことながら、実際に名前が挙がっているのは魅力的な作品ばかりでした。それでは作品の魅力を決める要素は何かと言えば、たとえば、派手なカーチェイスや激しいアクションといったものがあります。しかし、それ以上に重要なポイントと言えるのが主人公の魅力ではないでしょうか。実際、2位の「素敵な選TAXI」には派手なカーアクションなどはありませんが、主役の竹野内豊が魅力的だという理由で多くの人がこの作品の名前を挙げています。ほかのタイトルでも主人公に惹かれたという意見が数多くあります。やはり、運転手が主役の作品である以上、作品の知名度を高めるには運転手の魅力は必須だと言えそうです。

 

■調査地域:全国

■調査対象:年齢不問・男女

■調査期間:直近の1ヶ月間

■有効回答数:100サンプル

 

運転手が活躍する映画・ドラマで思いつくのはどれですか?

 

【ベイビー・ドライバー】

・運転手が活躍する映画はこれしか思いつきません。他の映画でも運転手の活躍する場面はありますが、ベイビー・ドライバーといった名前からも印象的でした。(20代/男性/学生)

・運転手が活躍するという点では、単に運転技術だけでなく主人公の生き様が鮮烈に表現されていたため。(30代/男性/個人事業主)

 

【TAXI】

・あまり印象に残っていないのですが、題名どおりの内容だったと思います。(40代/女性/個人事業主)

・タクシー運転手が刑事とコンビを組んで活躍する映画なので。内容もカーチェイスも迫力があって面白かったので。(50代/女性/派遣社員)

・タクシーがまず一番最初に浮かんだので、選択しようと思いました。(40代/男性/正社員)

・昔、TAXIをみて面白かったからです。印象深い映画だった記憶があります。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・そのものズバリです。私はこの映画でイエローキャブの存在と、一時期の不名誉な日本人女性の別称を覚えました。(40代/女性/正社員)

・名前がそのままで思いつきやすいし、選択肢のなかではTAXIしか見たことが無いため。(20代/女性/正社員)

・シリーズ化されており、息の長い作品で誰でも知っている作品と思います。(40代/男性/専業主婦(主夫))

・正直どれもちゃんと見たことはないのですがこれはなんとなく見たことがあるからです。(30代/女性/正社員)

・TAXIですかね。先日放送していたのも観たせいでもありますが。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・タクシーと言えば運転手で、運転手の生きざまを深く描いた映画だと思うからです。(50代/男性/パート・アルバイト)

・どれも見たことがないし、内容も知らないのでわからない。タイトルで選んだ。(40代/女性/個人事業主)

・TAXIが一番思いついたような感じがするような気がするからです。(20代/女性/学生)

・夫婦で大好きで、時間を忘れるくらい、夢中になって見てました。(40代/女性/正社員)

・学生の時に見てそこそこ印象に残っているのがTAXIだったから。(30代/男性/正社員)

・シリーズで見た事があるから。現実離れしたカーテクニックが痛快で面白かった。(50代/女性/派遣社員)

・日常生活の中でタクシー運転手が最も身近で接する機会も多い仕事であるため。(40代/男性/正社員)

・どの映画もドラマもしっかりとは見ていないのでタイトルで選択した(40代/女性/正社員)

・音楽がすごく良かった。映像にも合っていたし、今でも映画のシーンと共に頭をよぎります。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・見たことはないのですが、運転手と聞いて一番に頭に浮かんだ映画だったので選びました。(40代/女性/無職)

・TAXIというシンプルなタイトルで、ドライバーが活躍する印象が強いので。(30代/女性/正社員)

・トランスポーター・ワイルドスピード・ベイビー・ドライバーのいずれも、「本業が運転手というわけではなく運転が得意な他職」と考えているためです。素敵な選TAXIは運転よりも人間ドラマの色合いが強く、かつ国内のみの知名度に限られるため除外。これらの中ではTAXIのインパクトが飛びぬけていると思われます。(40代/男性/正社員)

・唯一、観たことがあるため。フランスのタクシー運転手だが、個性があり、楽しそう。スピードは苦手だが、運転技術の長けたドライバーの車に乗ってみたいと思うから。(40代/女性/パート・アルバイト)

・爆走運転が印象に残っています。改造されたタクシーで事件現場に乗り込むのがカッコいいです。(20代/女性/正社員)

・TAXI、トランスポーター、ワイルドスピードで悩んだけれど何となくTAXIで(40代/男性/無職)

・昔この映画を見て、印象に残ったことを今でもよく覚えているから。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・他の映画は見たことがないため選択した。またTAXIは内容が鮮明に覚えているため。(20代/男性/正社員)

・とてもスピード感があふれてエキサイティングな映画ですが主人公は、コミカルで面白いので好きな映画です。(50代/女性/パート・アルバイト)

・一番最初に思いついたのと、この中で一番見ていて爽快感を感じられたから。(40代/女性/正社員)

・フランス映画のアクション映画は、抜けているところがあって面白いし、念願のタクシードライバーになれた普通の、でもスピード狂の主人公が、ひょんなことから事件に巻き込まれ解決していく様子が面白かったから。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・運転手ものと言えば「TAXI」がまず最初に思い浮かんだからです。(30代/女性/正社員)

・主人公が車を運転する映画ではなくタクシーの運転手が主人公であるアクション映画の代表作だから(40代/男性/個人事業主)

・運転手が大活躍する映画と言えば、真っ先にこのtaxiという映画が思いつきます。この映画を見て、taxiの運転手になりたいと考えた人が、結構いるはずです。(40代/男性/無職)

・あまり詳しくはないのですが、タクシーの運転手が大活躍するイメージがあります。(20代/女性/パート・アルバイト)

・選択肢の中で唯一見たことのある作品だったから。他も名前は聞いたことはあるが、見たことがなかった。(30代/男性/個人事業主)

・この選択肢の中で、見たことがあって内容が何となく思い出せる唯一の映画だから。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・ちゃんと見たことはないが、CMなどでタクシーの運転手が活躍しているような内容だったので選んだ。(30代/女性/無職)

・そのままズバリ、タクシー運転手が主人公の映画なので。スピードにこだわる点は現実とはかけ離れているが、海外の映画なのでそんなものなのかなあと、すんなり受け入れることができる。(40代/女性/正社員)

・自身が大学生の時に見た、ロバートデ・ニーロ主演の「タクシードライバー」が強烈に焼き付いているから。(40代/男性/正社員)

・親が以前見ていて、運転手がかっこよかったイメージがあるので選びました。(30代/女性/正社員)

 

【トランスポーター】

・運転技術も凄いけど、車外で敵に襲われた時にも強くて、アクションもカッコいい。(40代/女性/無職)

・好きな映画で全シリーズ見ているから一番印象に残っているので選んだ(40代/女性/派遣社員)

・スーツの運び屋、洗練されたアクションが非常に印象的で、車に興味がなくても楽しめる作品だから。(50代/女性/専業主婦(主夫))

・選択肢の中に書かれている映画の中で、唯一、見たことのあるものなので(40代/男性/個人事業主)

・運転手の活躍する映画といえば、絶対トランスポーターだと思うからです。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・冷静で優秀な運び屋だったのがほんとうは気持ちが優しく、人間味あふれる人物だったというギャップがとても印象的だったし、かっこよかったから。(40代/女性/個人事業主)

・顧客に依頼されたモノであれば何でも、たとえヒトであっても運んでいるのが、印象的な映画だったから。またサスペンス要素とスリリングさもあり、面白いアクション映画だったので。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・オクト   車をメインにする映画で私としてはとりあえず思いつきました。(40代/女性/無職)

・カーアクションはもちろん、主演の男性の肉体美やアクションシーンにときめく。車好きでなくても楽しめる映画。シリーズ全部見ています。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・一番最初に思いついたのは「ドライビングミスデイジー」です。アクション映画は苦手です。(50代/女性/パート・アルバイト)

・リュック・ベッソン監督が好きで、ジェイソン・ステイサムも好きなので、何度も観たから。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・迫力のあるスピードと時間以内に荷物を届ける運転手の腕まい凄い(30代/男性/パート・アルバイト)

・映画だけでなく、連続テレビドラマ化もされているのは、ストーリーが魅力的で、多くの視聴者が賛同しているからだと思うから。(50代/男性/正社員)

・運転手の仕事という設定で、自分のルールに忠実に仕事をしているのをみると一番最初に思いついたから。(20代/女性/正社員)

・シリーズ化もしていてアクションも迫力があるので、ワクワクしながら見られるからです。(20代/男性/個人事業主)

・何度も見てるから。よくテレビでやるし何度見てもそれなりに見れていい映画だと思う。(40代/女性/個人事業主)

・まさかの展開の連続でドライブ中も飽きない。ドライブってこんなに面白いんだと思いました。(30代/女性/無職)

・ジェイソン・ステイサムの演技やカーアクションが印象に残っているから(30代/男性/個人事業主)

 

【ワイルド・スピード】

・車を使ったハードなアクションと使われている車がどれも車好きには堪らない。あとは作画中のBGMが好きだから。(20代/女性/無職)

・手助けを顧みず助けてくれる。そして戦ってくれる運転手が素敵な映画(40代/女性/専業主婦(主夫))

・ワイルド・スピードはインパクトがあり、じっと記憶に残っている映画だからです。(40代/女性/個人事業主)

・X3で、日本が舞台になっているから。高校生がカーレースにのめり込むのが爽快だから。(30代/女性/パート・アルバイト)

・自身が一番好きな映画シリーズであり、運転手以外にも人の感情が豊かに描かれているから。(20代/男性/正社員)

・どれもあまりピンと来ないのですが、唯一知っている作品なので。(30代/女性/正社員)

・迫力があってハラハラする作品が好きで、ヴィン・ディーゼルが格好良すぎるので。(20代/女性/パート・アルバイト)

・まだ20代の頃にシリーズ1作目を見たのを今でも覚えています。ストリートレースやカーチェイスのシーンは迫力でアメリカならではの派手さが良かったです。カーアクションだけでなくストーリーも犯罪者と警官、男女の恋愛、友情などが盛り込まれていて楽しめる映画でした。(40代/女性/個人事業主)

・独自の技術で改造した車を軽快に走らせるスリリングな映画の一つだと思うからです。(30代/男性/無職)

・冒頭から迫力のある、ハリウッド映画らしいカーチェイスでこちらの心を掴まれた映画の為。(50代/男性/個人事業主)

・車好きの友人に勧められた映画だったから。カーアクションが素晴らしいから。(30代/女性/パート・アルバイト)

・タイトルそのまま、スピード感があっていい映画だったと思います。(50代/女性/個人事業主)

・車がたくさん登場しますし、大好きな映画シリーズの一つだからです。(20代/男性/正社員)

・有名な映画で、何度も見たことがあり強く印象に残っているため。(20代/女性/パート・アルバイト)

・この中では劇場でも見ましたし、自宅でも何度か見ているので一番印象が強いです。でも一番運転手が印象に残っている映画はスピルバーグの「激突」という、相手の運転手の顔が一度も出てこない映画です。(40代/男性/正社員)

・どの映画・ドラマも好きで選択が難しかったのですが、中でも1番好きなワイルド・スピードを選択しました。(20代/女性/派遣社員)

・映画やドラマをほとんど観ないので、唯一聞いたことのあるタイトルが「ワイルド・スピード」なので選びました。カーアクション映画だという認識はあります。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・大事な人の命を預かって仕事をしていて、かつ必要に応じていつでも待機している(40代/男性/正社員)

・この選択肢の中で、自分が見たことがあるのが「ワイルド・スピード」だけだから。(40代/男性/個人事業主)

 

【素敵な選TAXI】

・色々な経験が出来そうで、毎日楽しそうでいいと思います。ただちょっとトラブルにも巻きこれそうですが…(30代/女性/無職)

・毎週見ていてとても面白かった。竹野内豊がいつもはかっこいいのにこのドラマでは気のいい運転手で私もこのタクシーに乗りたいと思った。(40代/女性/正社員)

・竹野内豊の運転手役は素敵だったし、こんなタクシーがあれば面白そうだなと思うから。(30代/女性/正社員)

・面白かったけど、活躍という感じの内容ではなかった気がします。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・バカリズムさん演じるタクシー運転手のキャラが特徴的だったからです。ドラマのシナリオも面白く、印象に残っています。(20代/女性/正社員)

・以前ドラマでやっていて何度か見たことがあって印象に残っているので思いついた。(30代/女性/無職)

・奇想天外なストーリーがおもしろかったことと、竹野内豊がかっこよくて毎週放送を楽しみにしていたから。(40代/女性/正社員)

・枝分さんの運転するタクシーで自分もある分岐点に戻ってみたいと思ったから。(50代/女性/専業主婦(主夫))

・バカリズムさんが脚本を書かれると聞いて、見始めたドラマです。吉田羊さんがゲストで出た婚活の話が好きでした。ただ、この質問を見た時に一番最初に浮かんだのは『タクシードライバーの推理日誌』です。(40代/女性/無職)

・消去法で、知っている名前が「素敵な選TAXI」だったから選んだ。(20代/女性/学生)

・運転手が主人公なので毎回運転シーンがあり、運転手で思いつくのは「素敵な選TAXI」です。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・最近のドラマなので、記憶に新しい。オムニバス形式でわかりやすかったから。(20代/女性/個人事業主)

・乗客が望む過去まで連れていき、乗客本人に生きることの大切さを教える重要な役割を果たしていたから。(20代/女性/学生)

・この作品は、ドラマだけでなく小説も読んだので、印象深いです。(40代/男性/正社員)

・現実離れしたドラマだったが、竹野内豊の運転手姿がカッコよく印象に残っているから。(30代/女性/公務員)

・タクシーの中のシーンが合成っぽくて安いドラマだなと思ったが、竹野内豊が好きで見ていたため。脚本をバカリズムが手掛けているというのも見ていた理由の一つ。(40代/女性/個人事業主)

・このドラマはタクシー運転手が主役で、この選択肢のなかでは一番最近放送された作品だからです。(30代/男性/個人事業主)

・タクシー運転手の気持ちが表現されていて、楽しかった記憶があるから。(30代/女性/正社員)

・バカリズムさんの脚本で、タクシー運転手役が竹野内豊さんと意外性がありました。ストーリーも面白く、印象に残っています。(40代/女性/派遣社員)

・数年前に番組が放送された時に観ていたので、かなり「運転手」さんが活躍している場面が多かったので、一番頭に浮かびました。(10代/女性/個人事業主)

・竹野内豊さんが珍しくコミカルな演技をしていた印象があります。あんな素敵なドライバーがいたら最高ですね。(30代/女性/派遣社員)

・高級レストラン、高級ホテルでの待ち合わせを運転手として、黒のスーツを着てワイシャツは白、蝶ネクタイに手には白の手袋をはめて、後部座席の左側のドアノブを開ける瞬間までの動作を素早く運転席を離れ行動する。おっと靴の事を忘れてました。靴はリーガルの黒色革靴ひもは勿論8穴の黒ひもが結ばれてエナメル色。(60代/男性/無職)

 

 

 

 

 

社長・経営者に関する「トランスアクトグループ」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「一般財団法人トランスアクト財団」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「株式会社トランスアクトホールディングス」の記事も読まれています

役員運転手・社長秘書に関する「株式会社トランスアクト」の記事も読まれています

役員運転手・運転手・ドライバーに関する「DRIVE4ME」の記事も読まれています

社長秘書・秘書・セクレタリーに関する「SECRETARY4ME」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「合同会社トランスアクト」の記事も読まれています

Chauffeur・Secretaryに関する「TransACT America Inc.」の記事も読まれています


2020-10-20 00:00:00
■秘書を導入するメリットとは?秘書導入で迷っている人必見!

経営者のなかには、秘書を雇うべきかどうかで迷っている人も多いでしょう。なかなか決心がつかないのは、秘書がいるメリットを理解していないからだと考えられます。経営者の仕事をスムーズにこなしていくために、秘書はとても重要です。この記事では、秘書を雇うことで具体的にどのようなメリットが生まれるのかを解説していきます。

 

 

1.秘書を導入するメリット

 

実際に秘書がいると、どのような影響が生まれるのでしょうか。ここでは、秘書を雇うメリットを紹介していきます。

 

1-1.メイン業務に集中できる

 

企業の方針を決定したり、取引先の幹部と話をしたりするのは経営者にしかできない「メイン業務」です。しかし、忙しい経営者にはメイン業務以外のさまざまな事務作業が発生します。秘書がいれば、経営者が直接こなさなくてもよい業務を秘書に任せられます。そして、経営者がメイン業務だけに集中できる環境が生まれるのです。その結果、経営の根幹をなす意思決定もスムーズになるでしょう。

 

秘書の能力によっては、複雑な手続き、資料や書類の作成、スケジュール管理などを全面的に任せられます。経営者は余計なことにとらわれず、重要な仕事だけに神経を傾けられます。メイン業務の効率性が高まり、企業全体に好影響を与えることが可能です。

 

1-2.雑務を統括してくれる

 

本来なら、雑務を統括するのも経営者の務めです。スケジュール管理や電話、メールの対応はもちろん、さまざまな文書の作成など、雑務は多岐にわたります。また、ビジネス以外でも弔事や慶事の電報、贈答品の準備や式典の計画、取引先とのコミュニケーションも雑務に含まれます。ただ、これほどまでに数が多い雑務を、メイン業務の片手間で処理していくのはたいへんなストレスです。そこで、秘書に雑務を統括させている経営者は少なくありません。

 

優秀な秘書であれば、単に雑務を整理するだけでなくクオリティチェックまで行えます。秘書が適材適所に雑務を振り分け、的確な指示を飛ばしながら経営者自身が行うのと同等の成果を生み出します。その結果、経営者が抱えていたコミュニケーションコストが軽くなるでしょう。

 

1-3.経営やビジネスの壁打ち相手になる

 

企業経営者は「ビジネスの悩みを相談できる相手がいない」という孤独を感じることがあります。役員ですら経営者にとっては部下にあたるので、本音で相談できないことは珍しくありません。しかし、秘書は経営者個人とのやりとりに終始します。企業の上下関係や派閥に属している立場ではないので、経営者はしがらみを感じなくて済みます。また、機密保持の面でも安心できるので、気軽に相談を投げかけられるのです。

 

経営者が秘書をビジネスやプロジェクトの壁打ち相手にすれば、客観的な意見を聞くことができます。秘書は社内の出世とは無関係なので、気後れのないアドバイスが返ってくることもあるでしょう。そうするうちに、秘書は経営者の身近な理解者になってくれます。

 

1-4.上司や会社のイメージアップにつながる

 

秘書は経営者や役員の負担を減らし、支えてくれる仕事です。信頼できる秘書を雇えば、責任が重大な作業も気軽に任せられます。経営者自身がやるはずだった雑務を秘書がこなすようになれば、社内業務の効率化が実現します。経営者の多忙で止まっていたプロジェクトも円滑に動かせるでしょう。また、社外の大切なビジネス相手とも、経営者が直接的にコミュニケーションを取れます。こうした影響が続けば、社内外から経営者の印象が良くなります。最終的には企業がイメージアップするので、集客や利益にもつながっていくのです。

 

 

秘書は業務効率化には欠かせないサポート役

 

経営者や役員にとって、秘書はメイン業務に集中するための重要な存在です。また、社内業務を効率化したいときにも大切な役割を担ってくれます。もしも秘書を雇うかどうかで迷っているなら、前向きに検討してみましょう。さらに、コストを抑えたいならオンラインアシスタントもぴったりです。経験値の高い秘書を安価で雇えるうえ、退職後の引継ぎもスムーズです。

 

 

 

 

 

社長・経営者に関する「トランスアクトグループ」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「一般財団法人トランスアクト財団」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「株式会社トランスアクトホールディングス」の記事も読まれています

役員運転手・社長秘書に関する「株式会社トランスアクト」の記事も読まれています

役員運転手・運転手・ドライバーに関する「DRIVE4ME」の記事も読まれています

社長秘書・秘書・セクレタリーに関する「SECRETARY4ME」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「合同会社トランスアクト」の記事も読まれています

Chauffeur・Secretaryに関する「TransACT America Inc.」の記事も読まれています


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...