+81-3-6435-8229

株式会社トランスアクトホールディングス|TransACT Holdings

株式会社トランスアクトホールディングス

最新情報

2020-10-15 00:00:00
■厚生労働省より有料職業紹介事業の許認可が更新されました

厚生労働省より、有料職業紹介事業の許認可が更新されました。お客様のお役に立てますよう引き続き努力して参りますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。


2020-10-10 00:00:00
■社長は何をしてる?何をすべき?社長がすべきこととしてはいけないこと

ほかの会社の自分以外の社長はどのような仕事をしているのか、気になったことはありませんか。世の中にはさまざまな会社がありますが、社長にしかできない仕事というものが存在します。この記事では、世の中の社長はいったい何をしているのか、また、社長としてするべき仕事とするべきではない仕事について説明していきましょう。

 

 

1.社長がしていること・すべきこと:目標を設定する

 

世の中の多くの社長は、会社を経営するにあたり目標設定を行っています。会社は社長が掲げた目標に沿って動くことで成長することができるからです。会社に目標がなければ行き当たりばったりのような経営になってしまい、あっという間に経営破綻につながります。また、せっかく目標設定を行っても、その目標が自分の会社に合っていなければ経営計画が崩れ、会社が衰退する原因となってしまいます。自社経営の目標設定は、社長にしかできないとても重要な仕事です。会社の利益を考えて会社に合った目標を設定する能力が社長には求められているといえるでしょう。

 

 

2.社長がしていること・すべきこと:お金の管理と調達をする

 

社長は会社を経営する立場にあるため、会社全体のお金の管理や資金調達も行います。会社経営において最も重要なことは、利益をあげて会社を黒字化し、それを維持することです。世の中の社長は、自分の会社がうまく回っているのか、業績はいいのかなど、数字を見て正確に把握しなければなりません。経営に関する数字やデータを理解し、数字の精度を上げることは社長にとって大切な仕事の1つです。精度の高い会計資料を作成したり経営に必要な資金調達の計画を立てたりするなどして、常に適切な経営判断ができるようにすべきだといえます。

 

 

3.社長がしていること・すべきこと:従業員のケア

 

世の中の優秀な社長は、従業員のケアを積極的に行っています。実際に現場に出て会社の利益をあげているのは、社長自らでなく従業員であることがほとんどのはずです。社長として現場を知り、理解して改善をはかり、従業員が働きやすい環境を整えていくことも社長の大切な仕事です。社長が現場の実情や環境を知らずに的外れな指揮をしてしまうと、従業員は立てられた目標や方針を受け入れることができずにストレスを抱えてしまいます。そして、社長への不満が社内で溜まっていくことで従業員に信頼されない会社が出来上がってしまうこともありえますし、それは会社全体のパフォーマンス低下にもつながります。

 

会社がそのような状態に陥ってしまうと、従業員やお客さまにとっても会社にとってもメリットが何1つありませんので、円滑な経営のためにも従業員に対するケアは必ず意識的に行っていくようにしましょう。

 

 

4.社長がしてはいけないこと:自分以外にもできる「作業」

 

社長がしてはいけないこととは、社長以外にもできる作業です。社長がすべき仕事は、会社がうまく回るように利益を作っていったり、利益を生み出す仕組みを作っていくことです。社長にしかできない大切な仕事がたくさんある中で、社長でなくてもできる仕事をわざわざ社長が時間をさいて行うことは社長業に支障をきたす恐れがあります。社長も現場を知ることが大切であると前述しましたが、現場の状況を正確に把握するために実際に少し作業をしてみるのが良いという意味であり、社長が現場で働いていくべきだということではありません。

 

社長でなくてもできる仕事は従業員に任せたり専門家に外注するなどして、社長がすべき業務に集中できる環境を作っていくようにしましょう。

 

 

社長はすべきことが高度でしかも多い!

 

会社を経営している世の中の社長には、たくさんのやるべき仕事があります。この記事を読んでみて、社長としてできていないことがあると気づいたのであればすぐに行動に移しましょう。もし時間や余裕がない場合は、運転手や秘書などを雇ってでも自分の時間を捻出し、社長にしかできない仕事に集中できるようにすることが大切です。

 

 

 

 

 

社長・経営者に関する「トランスアクトグループ」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「一般財団法人トランスアクト財団」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「株式会社トランスアクトホールディングス」の記事も読まれています

役員運転手・社長秘書に関する「株式会社トランスアクト」の記事も読まれています

役員運転手・運転手・ドライバーに関する「DRIVE4ME」の記事も読まれています

社長秘書・秘書・セクレタリーに関する「SECRETARY4ME」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「合同会社トランスアクト」の記事も読まれています

Chauffeur・Secretaryに関する「TransACT America Inc.」の記事も読まれています


2020-10-05 00:00:00
■代表の橘が書籍「2018年注目の社長32人」に掲載されました

代表の橘が書籍「2018年注目の社長32人~夢を追い続けることの意味~」に掲載されました。

 

 

人材を雇用し、リスクを負って、企業を経営する。

 

そんな経営者たちから、夢へのヒントやきっかけを掴むことができるかもしれない、経営者32人の「夢×仕事観×生き方」

 

株式会社星野リゾートの星野佳路社長、CoCo壱番屋創業者の宗次徳二様など、32名の経営者の方の1人として、弊社橘の記事も掲載されております。


2020-10-01 00:00:00
19_19_1_31874513.jpg

秘書の仕事にはさまざまな業務が含まれます。その中心的な仕事のひとつがスケジュール管理です。必要なタスクに時間を割り振るのが基本ですが、一般的なタスクには複数の関係者が絡むため、間違いのないように最新の注意を払う必要があります。ただし、これには上手に管理するためのコツがあるのです。この記事では、役に立つ2つのコツを紹介していきます。

 

 

■秘書の主な仕事とは

秘書の業務の中心は上司のスケジュール管理ですが、それ以外にも多岐にわたる業務をこなしています。例えば、電話応対や出張の手配、資料作成などが挙げられるでしょう。電話応対では、上司の仕事に関わるさまざまな人からの電話に対応します。上司に取り次ぐ場合もあれば自分で受け答えする場合もありますが、大切なのは丁寧な言葉遣いを心がけることです。電話だけでなく直接訪れた来客の対応も秘書がおこないます。そのため、出迎えやお茶出しなど、ビジネスマナーに則した対応を習得しておかなくてはなりません。出張の手配では、上司の交通手段の確保や、宿泊先の予約などを担当することになります。実際の行程を想像しながら、手違いのないように確実に手配する必要があります。上司が会議などで使う資料作成も秘書の主な仕事の1つです。資料は紙とは限らないので、PowerPointなどを使いこなす程度のパソコンスキルは必要になるでしょう。場合によっては、上司のスピーチの内容を秘書が考えることもあります。

 

■予定を優先順位で分類する

秘書のスケジュール管理の第1のコツは、予定を優先順位別に分類することです。業務で生じるタスクには、序列があります。まず、そのタスクの期日や時間帯が動かせるかどうかをチェックしましょう。決まった日時を動かせないものから、スケジューラーの時間帯を割り当てていくのです。次に、内容の重要度を勘案します。同席者が重役の場合は要注意です。社外の参加者が含まれる場合も同様です。この判断を可能にするのは、日常的な情報収集です。秘書の役割としては、先方の取引先や上司との関係性を日頃から把握しておく必要があります。

また、全社的な観点からの優先度を判断するには目の前のタスクだけではなく、進行中の複数のプロジェクトの進捗状況も合わせて頭に入れておかなければなりません。実際には、優先順位が高いにも関わらず、日程がなかなか決まらないタスクも出てきます。特に、プロジェクトが始まってすぐの段階では、さまざまな環境が流動的なので、柔軟なスケジューリングが要求されるタスクが多発しがちです。その際は、候補日時をいくつか決めてしまうとよいでしょう。とくに重役秘書であれば、部下の立場の社員たちはその候補日を基準にスケジューリングをするため、早めに決める必要があります。

 

■取引先や一緒に仕事する人の都合にも気を配る

秘書のスケジュール管理の第2のコツは、取引先や一緒に仕事をする人の都合も考えてスケジューリングを行うことです。役職が上がれば上がるほど、人と会って交渉・折衝することが多くなるため、会合などの相手のあるタスクが増えます。そのため、スケジューリングの際には、参加する先方の都合を考える必要があるのです。日時はもちろん、場所の指定があるかどうかも忘れないように確認します。このようなタスクのスケジューリングでは、余裕を持たせた日時の設定が不可欠です。当初の計画が変更になったときのための代替案として、いわゆる「プランB」を考えておくわけです。

具体的には、あらかじめいくつかの時間帯をスケジュールに組み込んでおき、最初の予定が変更になったら、次の時間帯が自動的に決まるようにしておきます。また、先方や一緒に仕事をする人の都合を考える必要があるタスクは、時間的に連続させないようにしましょう。スケジュールの再調整が可能なタスクと交互に設定しておけば、突然の変更にもある程度は対応できるからです。相手側の都合で変更になるケースに対応するには、先方の秘書とも可能な限り密な連絡を取り合うようにするとよいでしょう。

 

■一目で確認できる形にすることが大事

秘書がスケジュール管理に失敗すると、上司が効率よく動けない事態が発生します。また、相手があるスケジュールの場合、取引先に迷惑をかけることになりかねません。このような状況を避けるには、ミスが起きないような手順を考えておく必要があります。たとえば、スケジュール管理のミスで頻出するもののひとつはダブルブッキングです。同じ時間帯に複数の予定を入れてしまうのです。主な原因は、情報の一元管理が不十分なケースがほとんどでしょう。解決策は、一覧性の高い方法で予定を管理することです。

一般的にはオンラインのスケジューラーが使われますが、デジタル媒体はソフトウェアの不具合や何かのタイミングでデータが消失する可能性があります。そのため、秘書としてはオンラインツールだけではなく、バックアップとしてアナログな方法でも管理しておくことをおすすめします。その際、カレンダー式や1日単位で記録できるタイプの一覧性の高い手帳に消せるペンで記入するなどして、スケジュール管理するとよいでしょう。

ただし、この方法を取るのであれば、デジタルとアナログの双方のツールの整合性を常にチェックする必要があります。このようにして、全体の予定がどうなっているのかを一目で確認できる形にしておくことが、秘書としてスケジュール管理をする際のポイントになるのです。

 

■秘書が仕事で信頼されるためのコツ

上司と信頼関係を築くことも秘書の仕事の一環です。上司と秘書は二人三脚の関係であり、関係がぎくしゃくしていると業務もスムーズにおこなえなくなるでしょう。業務がうまくいかないことでお互いにストレスがたまり、関係がさらに悪化するという悪循環に陥る恐れもあります。そのため、秘書は上司から信頼されるためのコツを押さえておくことが肝要です。

まず、常に礼儀正しく、笑顔を絶やさないようにして、誰からも好感を持たれる努力をするのが基本です。そのうえで、誰に対しても気を配り、チームワークを大切にしてください。秘書は上司と周囲の人々の橋渡しをする役割を果たします。誰からも好かれる秘書になることで、関係者が上司へと気軽にコンタクトするようになります。結果的に業務が円滑におこなわれ、上司からも信頼を寄せられるようになるでしょう。また、上司の業務内容や性格を把握し、常に先回りして行動することも大切です。上司の考え方を尊重し、丁寧なコミュニケーションを心がけるようにしましょう。

 

■秘書の仕事で役立つ口頭報告のコツ

上司の時間を無駄にしないためにも、秘書は口頭での報告力を身につけておく必要があります。ここでは、秘書の仕事で役立つ口頭報告のコツをいくつか紹介します。まず、実際に報告する前に要点をコンパクトにまとめておくことが大切です。報告の要点を自分で理解していないと、多忙な上司を前にしてだらだらと話すことになります。ひとまず上司に必要な情報のみを抽出し、どのような内容でも1分以内で報告することを目指しましょう。報告に不足があれば、上司のほうから問いただしてくれるはずです。

次に、報告の際は最初に結論から伝えることを心がけてください。結論は上司が特に知りたいことであり、重要度の高い情報から伝えるのはビジネスにおける報告の鉄則です。最初に結論を提示することで、それに続く話の内容も理解しやすくなります。同時に、報告では客観的な事実のみを伝えることも大切です。主観的な意見と客観的な事実が混ざってしまうと報告内容に統一感がなくなり、上司の判断に支障をきたします。そして、報告事項が複数ある場合は緊急度の高いものから伝えるようにしましょう。トラブルやミスに関する報告は切り出しにくいものですが、事態を早く収束させるためにも、真っ先に報告するべきだといえます。

 

 

■仕事のコツを押さえて優秀な秘書を目指そう

秘書のメイン業務は上司のスケジュール管理です。予定を優先順位で分類する、一目で把握できるようにしておくなど、工夫を凝らして無駄のないスケジュールを組みましょう。また、上司から信頼されるためのコツや口頭報告のコツを押さえておくことも大切です。今回紹介した内容を参考にして、内外から高く評価される優秀な秘書を目指してください。

 

 

 

 

 

社長・経営者に関する「トランスアクトグループ」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「一般財団法人トランスアクト財団」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「株式会社トランスアクトホールディングス」の記事も読まれています

役員運転手・社長秘書に関する「株式会社トランスアクト」の記事も読まれています

役員運転手・運転手・ドライバーに関する「DRIVE4ME」の記事も読まれています

社長秘書・秘書・セクレタリーに関する「SECRETARY4ME」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「合同会社トランスアクト」の記事も読まれています

Chauffeur・Secretaryに関する「TransACT America Inc.」の記事も読まれています


2020-09-20 00:00:00
■役員運転手の平均睡眠時間は?生活リズムを整えるコツまで大公開!

役員運転手として働きたいものの、どのくらいの睡眠時間を確保できるか気になる人もいるでしょう。睡眠時間が短くても、生活リズムを整えることはできます。ここでは比較対象としてトラック運転手の休憩時間や休息時間のルールを踏まえ、平均睡眠時間や睡眠時間が短くなる原因について説明します。睡眠の質を高める方法も紹介するので、健康管理に役立ててください。

 

 

1.運転手(ドライバー)の休憩時間と休息時間について

 

運転手(ドライバー)の休憩時間と休息時間は、労働基準法により定められています。まず、運転手の拘束時間は、運転時間と休憩時間から構成されています。休憩時間を正しく取る目的は、長時間運転の疲労を解消し、事故を防ぐこと。適切な休憩を取るために、4時間運転した後には、30分以上の休憩を取ることが義務付けられています。また、1回が10分以上の休憩時間を、小刻みにとっても構いません。つまり、拘束時間を4時間半ごとに区切ったときに、合計30分以上の休憩時間があれば、ルールを守っているといえるでしょう。なお、基本的な拘束時間は13時間ですが、最大16時間までならば延長可能です。ただし、15時間を超える拘束は週2回まで、さらに2日間の平均は9時間以内と定められています。

 

1週間の運転時間の平均は44時間以内、というルールにも注意してください。平均を算出するのは2週間に1回の割合と決まっているので、短期間に労働が集中するのを防げます。一方、休息時間とは、勤務終了後から次の勤務までの自由な時間のことを指します。食事や睡眠などに充て、次の勤務に向けて体力を回復しましょう。通常は、一回の休息時間は連続して8時間以上と定められていますが、例外として分割して休息をとることも認められています。分割休息の場合は、一回あたりの休息時間が4時間以上で、合計して10時間以上となるように調整せねばなりません。このように、運転手の運転時間や休憩時間、休息時間には細かなルールがあります。決まりに従い睡眠を含む体調管理に努めましょう。

 

 

2.トラック運転手の平均睡眠時間と理由

 

トラック運転手の働き方は、運転エリアによって2通りに分けられるでしょう。まず、さまざまなエリアに荷物を運ぶ長距離トラック運転手の平均睡眠時間は、平日に6.3時間、休日に7.7時間です。また、地場トラック運転手の平均睡眠時間は、平日に5.3時間、休日に7時間です。理想的な睡眠時間は7~8時間とされていますが、トラック運転手の場合は、全体的に少なめといえるでしょう。特に、平日の睡眠時間は、理想を大きく下回る傾向です。

 

トラック運転手の睡眠時間が短いのには、3つの理由があります。まず1つめは、勤務の不規則さです。突然巻き込まれた渋滞などで、予定よりも長く運転する場合もあるでしょう。また、規模が大きい荷主の場合は、積み下ろしの順番待ちでも時間がかかるケースもあります。2つめに、もともとの拘束時間が長いことも考えられます。3つめに、運転手不足も挙げられるでしょう。日銀の「全国企業短期経済観測調査」、総務省の「労働力調査」から割り出された2017年の「雇用人員判断指数」を見ると、運輸業界の指数は-11となっています。この指数は、人員が足りていると答えた企業の割合から、人員が不足していると答えた企業の割合を差し引いたもので、運輸業界の人材不足は否めません。しかも、人手不足にもかかわらず、物流は活発化しています。運転手不足と仕事量の増加も、睡眠時間を圧迫する原因といえるでしょう。

 

 

3.良質な睡眠時間を確保するためのコツ

 

質の良い睡眠を確保し、体調維持に努めましょう。まず、眠る前のストレッチが効果的です。軽めのストレッチで体をほぐしてリラックスしましょう。人は、体温が下がるときに眠くなりやすいことが知られています。ストレッチで一時的に体温を上げ、下がる過程で布団に入ると、スムーズに眠れるようになります。寝る直前のスマホはやめましょう。光と刺激により、脳が興奮して寝付きにくくなります。また、太陽光にも気を付けてください。特に、昼間に休息する際には、日光を避ける工夫が必要です。外に出ることを避け、事業所の仮眠室で少し睡眠を取ったり、サングラスで目に入る光量を和らげたりするのが良いでしょう。

 

また、すぐに眠ることはできても、途中で目が覚めてしまう人もいるかもしれません。そのような場合は、ウォーキングなど軽い運動がおすすめです。運動不足を解消すると、眠りにつきやすくなります。次の勤務に支障をきたさない程度に、体を動かしましょう。また、寝る前の飲酒や喫煙、コーヒーなどによるカフェイン摂取も、眠りが浅くなるため避けたほうが無難です。このように、生活面を見直し、睡眠の質を高めましょう。

 

 

睡眠時間を確保して健康的に働こう!

 

トラック運転手は、睡眠時間が短くなりがちです。不規則になりがちな勤務状況、拘束時間の長さ、人員不足などが睡眠不足の要因といえます。生活習慣を見直し、睡眠の質を向上させましょう。トランスアクトには、好待遇なドライバー求人が豊富です。不規則・連続勤務に対する給与面のサポートも充実しています。ぜひ、求人情報をチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

社長・経営者に関する「トランスアクトグループ」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「一般財団法人トランスアクト財団」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「株式会社トランスアクトホールディングス」の記事も読まれています

役員運転手・社長秘書に関する「株式会社トランスアクト」の記事も読まれています

役員運転手・運転手・ドライバーに関する「DRIVE4ME」の記事も読まれています

社長秘書・秘書・セクレタリーに関する「SECRETARY4ME」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「合同会社トランスアクト」の記事も読まれています

Chauffeur・Secretaryに関する「TransACT America Inc.」の記事も読まれています


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...